水アレルギーとは怖い病気なのか!?水アレルギーの症状と原因を徹底解説

倒れる男性

水アレルギーは、とても怖いアレルギーです。

アレルギーはウィルスなどが体に入ることで起こるのではありません。

体の中にある免疫細胞が、過剰に反応してしまって症状が出てしまいます。

水アレルギーは、生活のあらゆる面で制限をかけてしまいます。

どのような症状になってしまうのか、しっかりと理解できるようにしましょう。

水アレルギーの代表的な症状

水アレルギーと言う言葉を聞いたことがある人は、意外に多いです。

しかし、水アレルギーの症状まで理解している人は少ないです。

意外と知られていない水アレルギーの症状について、ご紹介致します。

ミミズ腫れになる

水アレルギーになってしまうと、ミミズ腫れが起きてしまいます。

ミミズ腫れは患部がミミズのように腫れてしまい、痒みや痛みを伴います。

水に反応してしまうので、いつなってしまうかわからない点も怖いところです。

またミミズ腫れではなく、蕁麻疹となって症状が出る人います。

蕁麻疹もミミズ腫れと同じく、痛みやかゆみが出ることが特徴です。

アナフィラキシーショック

水アレルギーが原因で、アナフィラキシーショックになる人もいます。

初期症状としてミミズ腫れや蕁麻疹が挙げられます。

重症化すると、アナフィラキシーショックが発生してします。

体が火照ってしまうことが中等症状として現れます。

アナフィラキシーショックを発症させてしまうと、最悪の場合死に至ってしまいます。

水アレルギーだけでなく、花粉や毒などのアレルギー反応でも起きてしまいます。

アレルギーを持っている方は、注意しましょう。

水アレルギーが発生する原因

水アレルギーの原因となるのは、水分を多く保有している商品や物質に触れてしまうことで、発症してしまいます。

水は人の生活の中の様々な場所で、触れる機会があります。

その中でも、特に触れる機会が多い物をご紹介します。

水を飲み過ぎるのは危険?太る?体に良い飲み方と適切な水分量

雨が原因となることがある

雨に濡れてしまうことで、発症してしまうこともあるらしいです。

雨は生活の中で、いつ降ってきてもおかしくないです。

雨は様々な雑菌が付着していますが、水アレルギーの人にとっては関係なく危険です。

少し触れてしまうだけで、反応が起きてしまいます。

反応が起こってしまうと外出先ということもあり、すぐに対処出来ない可能性があります。

天気予報で雨が降ることが予想されていたら、外出は控えましょう。

体液が原因となる

水アレルギーは、体液が原因で発症する可能性があります。

人間は生活の中で様々な場面で、体から水分を出しています。

一番水アレルギーに関係することが多いのは、汗です。

汗は、体温が高くなってしまう場合に流れます。

汗はもともと体の中にある成分なので、流しても問題という誤解をしてしまう人が多いです。

汗を流すことで体が反応してしまい、アレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。

涙も水アレルギーを、引き起こしてしまう原因になります。

涙は、感情が高ぶることで流れます。

涙も水分ですので、水アレルギーを引きおこいしてしまう可能性が大いに高まります。

日常生活の中での対策は、後ほどご紹介いたします。

水道水も原因

水道水でも水アレルギーになる可能性が高いです。

水道水で水アレルギーになることは、想像できていた方も多いと思います。

水道水は水アレルギーになる要素意外にも、危険なことが多いです。

水道水は殺菌や消毒を行うために、塩素やカルキを入れています。

塩素やカルキは、人間の肌にとって刺激が強いです。

水アレルギーではない人も、一度見直すことがおすすめです。

水道水に含まれる塩素に害はある?塩素の除去方法を紹介!

世界的に水アレルギーを発症する人は稀

世界的に見て水アレルギーになる人は稀です。

現在確認されている症例は、34例となっています。

34例の中でも、重症化する人の割合もかなり低いとされています。
基本的には重症化しない病気なのです。

水アレルギーの特効薬は存在しない

水アレルギーは、他のアレルギー同様に特効薬が存在しません。

数あるアレルギーの中でも、水アレルギーはかなり稀なので研究が進んでいないのが原因の一つです。

研究が進んでいないため、メカニズムの解決に至っていません。

しかし、体の中にある免疫細胞が原因となって過剰に反応しているので、症状を抑える薬は開発されています。

アレルギーの根本である、体質から改善しなければ完治することは難しいです。

水アレルギーになった場合の対策

水アレルギーの原因は、当然のことながら水です。

特効薬がないため、原因である水を取り除いた生活を送らざるを得ません。

できるだけ肌に水が触れない方法をご紹介します。

水をはじくクリームを使用する

水アレルギーには、水をはじくクリームがおすすめです。

水をはじくクリーム定期的に塗っておけば、肌に水が触れないためおすすめです。

水をはじくクリームは、薬局や皮膚科で処方されます。

室温調整がされた部屋に住む

口調が整備された部屋に住むことも、一つの方法です。

水アレルギーは汗が肌に触れることでも、発症します。

汗をかかない工夫が必要です。

汗をかかないためには温度管理が重要になります。

温度管理をするために質の高い空調が必要です。

質の高い空調はコストが高くなってしまいますが、設備に投資して快適な生活を送りましょう。

外出しないようにする

外出を控えるのも一つの手です。

特に雨の日の外出は、避けるようにしましょう。

日常の買い物は、家族や友人に協力してもらい、外に出る回数を減らしていきましょう。

また夏の暑い時期の外出も、控えるようにしましょう。

もし夏に外出する場合はタクシーを利用するなど移動に工夫しましょう。

移動の時に発症してしまうことが、一番避けなければならないことです。

冬に外出する際は、気温の心配は少ないですが室内の空調に注意しなければなりません。

店内が熱すぎて、汗をかいてしまう可能性が高くなります。

店内の温度にも注意するようにしましょう。

水アレルギーを発症すると生活が不自由

水アレルギーを発症してしまうと、生活のあらゆる場面で不自由が発生してしまいます。

水アレルギーの人が普段どのようなこと苦労をしているのか、理解しましょう。

起こり得る例を、詳しく紹介していきます。

友人と自由に遊びにいけない

水アレルギーになることで、自由に遊びにいけなくなります。

水アレルギーになると基本的に、外出をすることができなくなります。

外出ができたとしても、場所や天気に左右されてしまい、友達と日程を合わせることが難しくなります。

長期の旅行なども不安に感じることになります。

どんなに対策を講じても水アレルギーの発症の不安を拭うことは出来ません。

シャワーを自由に浴びることができなくなります。

シャワーは人間が幸福に感じる瞬間です。

清潔感を保つためにも、重要な生活のルーティンになります。

シャワーだけではなく、バスタブに浸かることや温泉に入ることも水アレルギーの原因となるので控えましょう。

対策としては、よく絞ったタオルで体を拭くことで代用できます。

シャワー浴びることが出来ないことは大変なことですが、代用作を活用すればそこまで不便ではなくなります。

水分を満足に摂れなくなる

体内でも水分に反応してしまい、水アレルギーが発症してしまう恐れがあります。

普通に水を飲む分には問題無いことが多いのですが、大量に飲んでしまうと発症することが多いです。

摂取量に関しては個人差がありますが基本的には水分を取る量を少なくした方が良いです。

水アレルギーでも楽しく生活する方法

水アレルギーに関して、かなり厳しいことを紹介していきました。

水アレルギーになると、生活に支障をきたしてしまう可能性が高いです。

しかし、生活を楽しくする方法はたくさんあります。

工夫次第で、変えることができるので頑張りましょう。

家族との時間を大切にする

水アレルギーと言ってもなかなか理解をしてくれる人は少ないです。

しかし、家族であれば様々な面でサポートしてくれます。

理解してもらえることで、家族と一緒にいる時間が増えます。

水アレルギーの本人は、申し訳ないと思ってしまうことが多いです。

水アレルギーは、誰が悪いわけでもありません。

後ろめたいことは、何もありません。

家族と協力して、水アレルギーの対策をしましょう。

インドアの楽しみを見つける

外に行くことだけが、娯楽ではあえりません。

インドアでも楽しいいことは沢山あります。

映画を借りてきて見ることも、一つの方法です。

映画は、サブスクなどを利用することができれば安く楽しめます。

ボードゲームも、おすすめです。

ボードゲームも、オンラインでプレイできるアプリケーションもあります。

オンラインで行うと、普段会えない人と会うことができます。

様々な娯楽があります。

活用しましょう。

テレビ通話などで沢山の人と関わることができる

今はZOOMなどのオンライン通話の機能が、発達しています。

コロナの影響で、オンライン通話がスタンダートになりつつあります。

オンライン通話を活用することで、遠方の友達と話すことが可能になります。

また、オンライン飲み会の文化もできつつあるので、活用しやすくなります。

外に出ないで飲み会を開けるのは、ありがたいですね。

水アレルギーについてのまとめ

水アレルギーは不自由を感じることが多い病気です。

水アレルギーになってしまうことは、誰のせいでも無いです。

一番大切なことは、周りの人が病気について理解をすることです。

周りの人が協力することで、水アレルギーを発症してしまった人も安心して生活を送ることが、できるようになります。

水アレルギーの人だけでなく、アレルギーの持っている方に対しての理解を、高めていきましょう。