つらい2日酔いはポカリが効く!その理由とポカリの効果を詳しく解説!

つらい2日酔いはポカリが効く!その理由とポカリの効果を詳しく解説!

楽しく飲んだ翌日の朝に待っているのが二日酔い。

頭が痛くなったり、気持ち悪くなったりと、何もする気が起きませんよね。

そんな二日酔いの朝に飲んで欲しいのが、ポカリスウェットです。

スポーツドリンクのポカリには、様々な効果があり、辛い二日酔いを軽減してくれる効果があるんです。

この記事では、二日酔いとポカリの関係性について、詳しく説明していきます。

二日酔いになる大きな原因はアセトアルデヒドによるもの

そもそも二日酔いになる原因を知っていますか?

二日酔いになる主な原因は、肝臓がアセトアルデヒドを分解しきれないことで起こります。

アルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドという物質は、煙草の煙などにも含まれる有害物質です。

このアセトアルデヒドには、吐き気や頭痛を引き起こす働きがあり、二日酔いの大きな原因になります。

お酒をたくさん飲みすぎると、肝臓がアセトアルデヒドを十分に処理しきれず、血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなります。

その毒性によって胃痛や吐き気、頭痛など二日酔い特有の症状を発症するのです。

なぜ二日酔いにポカリが効果的なのか?

そんな二日酔いになぜポカリが効果的なのか、その根拠を詳しく紹介していきます。

  • 体内のアルコールを分解してくれる
  • 脱水症状を防げる
  • 低血糖症を防げる

それぞれの理由について、詳しく紹介していきます。

理由①:体内のアルコールを分解してくれる

ポカリを飲むことにより、水分の不足した体に水分が行き届くので、アルコールの分解を促進してくれます。

ポカリには様々な栄養素が含まれており、アルコールの利尿作用によって体外に排出された様々な栄養素を補ってくれるのも大きな要因です。

血中や体内に残ったアルコールを体外に排出してくれるので、二日酔い対策にとても効果的です。

理由②:脱水症状を防げる

二日酔いで頭痛が起こったり、吐き気がしたりする症状はアルコールの過剰摂取による、脱水症が大きな要因です。

アルコールには利尿作用があり、摂取した水分はかなり速い速度で体外に排出されていきます。

そこでポカリを摂取することによって、不足したぶんの水分を摂取できるので、脱水症を予防できます。

加えてポカリなどのスポーツドリンクは、体内の吸収スピードの早い電解質を多く含んでいるため、効率良く水分を摂取できるのです。

理由③:低血糖症を防げる

人間が生きていくために必要な糖は肝臓の働きによって生成され、蓄えられていきます。

お酒を飲んでいる間、肝臓はアルコールの分解を優先して行うので、糖の生成をスチップしてしまうことに。

結果としてお酒を飲んでいる間は糖分が不足してしまうため、低血糖症に陥ってしまい、吐き気や体のだるさに繋がってしまいます。

ポカリには果糖がバランスよく配合されているので、糖を効率よく補うことができるのです。

「ポカリを飲むと逆効果になる!」その真相とは…?

そんな二日酔いに効果のあるポカリですが、SNS上では二日酔いにポカリを飲むと逆効果になるとのウワサもあります。

この噂に関しては、人によって異なるというのが実際の所です。

というのも、人には当然好き嫌いがあり、ポカリの特有の甘さや味わいが受け付けない…という人もいます。

そんなポカリ自体苦手な人が、二日酔いの朝にポカリを飲むと気持ち悪くなるのは当然です。

ほぼ全ての人の二日酔いにポカリは効果的ですが、味わい自体が苦手な人は、水などで水分を補給した方が賢明です。

ポカリに限らずスポーツドリンクなら基本的にOK

ここまでポカリにスポットを当てて紹介してきましたが、スポーツドリンクであれば基本的に何でもOKです。

アクエリアスや経口補水液なども、ポカリ同様の効果が得られるため、好みに合った飲みやすい味のスポーツドリンクを選びましょう。

ポカリを飲んでも改善されない時に食べるべき食品と食材

スポーツドリンクは二日酔いに効果的ですが、中々二日酔いの症状が改善しないケースも感がられます。

そこでここからは、二日酔いに利く食べものと飲みものを紹介していきます。

二日酔いに利くもの①:水

二日酔いの症状を手っ取り早く解消するには、とにかく水分補給が大切なので、水をこまめに摂取しましょう。

水をこまめに摂取すれば、体内に残留しているアルコールを排出でき、脱水症の予防にもつながります。

水を飲むときには、なるべく常温に近いものがおすすめです。
冷たい水をたくさん摂取してしまうと、体が冷えてしまい、腹痛などの別の症状を引き起こしてしまいます。

常温の水1L程度を少しづつ飲んでいきましょう。

二日酔いに利くもの②:しじみのみそ汁

しじみにはタウリンというアミノ酸の一種が含まれているので、アルコールを分解している肝臓の働きを促進してくれます。

くわえて、アセトアルデヒドの分解を促進してくれるグルタミンや、血中アセトアルデヒド濃度を下げてくれるアラニンなども含まれています。

アルコールによって不足している塩分もみそによって摂取できるので、しじみのみそ汁は二日酔いの朝に欠かせない食料なのです。

二日酔いに利くもの③:梅

梅には肝機能の働きを促進してくれるピクリン酸が含まれており、アルコールを効率よく体外に排出してくれます。

加えて、梅には疲労回復の効果もあるので、飲み会の翌日にピッタリの食材なのです。

二日酔いに利くもの④:コーヒー

コーヒーにはアセトアルデヒドの血管拡張作用を抑制する効果があります。

血管の収縮を助けるカフェインを多く含んでいるコーヒーを摂取することにより、二日酔い特有の頭痛を助けてくれます。

もちろん、ブラックコーヒーだけではなく、カフェラテやカフェオレでもOKです。

二日酔いに利くもの⑤:アミノ酸飲料

アミノ酸には肝臓の働きを促進してくれる効果があり、アセトアルデヒドの代謝も促進してくれるので、二日酔いの辛さを軽減してくれます。

アミノ酸飲料はあまりコンビニに販売されていないので、薬局などで購入しましょう。

二日酔いに利くもの⓺:サラダチキン

コンビニでよく目にするサラダチキン。

低カロリー高たんぱくでダイエットをしている人に人気ですが、実は二日酔いにとても効果的です。

鶏肉にはアミノ酸が豊富に含まれているため、肝臓の働きを促進してくれます。

手軽にゲットでき、ダイエットにもつながるので、オールマイティな食材です。

二日酔いに利くもの⓻:ヨーグルト

ヨーグルトにはアミノ酸の素になるたんぱく質が豊富に含まれているため、二日酔いにとても効果的です。

ヨーグルトはさっぱりとした味わいなので、あまり食欲がわかない二日酔いの朝でもたべやすいのもポイントです。

二日酔いを未然に防ぐ!飲む前にすべき3つの予防法

二日酔いは頭が痛くなったり、吐き気がしたりと嫌なことだらけなので、できることなら未然に防いでおいた方が賢明です。

そこでここからは、二日酔いを予防するための対処法を紹介していきます。

  • 二日酔いを防止してくれる栄養ドリンクを飲む
  • 空腹の状態でお酒を飲まない<
  • お酒と一緒に水もこまめに飲む

それぞれの対処法を覚えておいて、楽しく飲んだ後の辛い二日酔いを予防していきましょう。

二日酔いを防止してくれる栄養ドリンクを飲む

コンビニや薬局などの健康ドリンクゾーンには、二日酔いを予防してくれるドリンクが販売されています。

飲む前に健康ドリンクを飲めば、肝臓の働きを助けてくれるので、二日酔いになるリスクを防ぐことができるのです。

お酒を飲む前に飲むだけなので、とても手軽にできるのも嬉しいポイントですね。

二日酔いを予防するための栄養リンクは非常に多く販売されていますが、ドラッグストアなどで販売されているものには主に2種類。

1つはアルコールの分解を促進するもの、もう1つはアセトアルデヒドの分解を促進するもの。

基本的にはアセトアルデヒドを分解するためのドリンクがおすすめです。

空腹の状態でお酒を飲まない

空腹の状態でお酒を飲むと、アルコールの吸収速度が速くなってしまうため、ある程度のご飯を食べてからお酒を飲むようにしましょう。

ある程度食べものを食べてからお酒を飲めば、アルコールの吸収速度がゆるやかになり、二日酔いを予防できます。

できれば、オリーブオイルが使われており、クエン酸や酢酸が含まれているマリネなどがおすすめです。

お酒と一緒に水もこまめに飲む

お酒と一緒に水をこまめに摂取するのも二日酔い防止に効果的です。

水を摂取すれば摂取されるアルコール分を薄めてくれて、体外への排出も助けてくれます。

また、飲み過ぎも防止してくれるおまけ付きなのでお酒の席では、必ず水を注文しておきましょう。

二日酔いに逆効果になる食べ物や行動

二日酔いに利くとされている間違った認識がいくつかあり、それをすると逆効果になる可能性があります。

間違った認識をもたないためにも、二日酔いに関して正しい知識を理解しておきましょう。

迎え酒

二日酔いの朝にお酒を飲む迎え酒がありますが、これはアセトアルデヒドを増加させてしまうだけなのでやめましょう。

食後・翌日のラーメン

お酒を飲んだ後や飲んだ日の翌日にラーメンを食べたくなる人も多いかもしれませんが、あまりおすすめできません。

というのも、お酒を飲むと胃や腸の働きが鈍くなってしまうため、塩分が強いラーメンを食べてしまうと負担がかかってしまうからです。

そのため、できるだけ塩分の強いラーメンは控えておいた方が良いでしょう。

サウナや運動

お酒を飲んだ後にアルコールを体外に排出するつもりで、サウナや運動をしようとする人がいます。

しかし、アルコールは汗と一緒に体外に排出されることはないため、意味がありません。

アルコールは肝臓の働きによってのみ体外に排出されるので、分解されるまで待つしかないのです。

二日酔いの朝にはポカリを飲もう!

ポカリなどのスポーツドリンクは、体内への吸収をはじめ、様々な効果が得られます。

二日酔いの辛い症状を少しでも軽減するために、適度な水分補給をポカリで行うのは非常に効果的です。

くれぐれも飲み過ぎには注意で、ポカリを飲み過ぎてしまうと、腹痛や吐き気など新たな症状を引き起こしてしまうリスクが潜んでいます。

用法用量も守って、適切な量のポカリを摂取しましょう。