クリクラの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

ウォーターサーバーの衛生面に問題はある?衛生面に特化した5つのサーバーを紹介!

クリクラはサーバーレンタル費用・入会金・宅配料・解約金が全て無料で月々かかる料金は水代と電気代だけです。

水代に関しては公式サイトに載っている通り、1本1.460円と非常にリーズナブルな価格。

他社メーカーの水代と比較しても、500円~1.000円ほど安いです。

ただ電気代に関しては、公式ホームページにも記載されていないため、いくらか記載されていません。

そのため、1ヶ月当たりどのくらいの電気代がかかるのか気になっている人も多いでしょう。

そこでこの記事では、クリクラにかかる電気代と各種料金がいくらかかるのか、どの様な特徴を持っているのか紹介していきます!

クリクラの電気代は約1.000円と少し高め

利用状況や利用頻度によって多少の誤差はありますが、クリクラの電気代は1ヶ月当たり1.000円ほど。

ウォーターサーバーの一般的な電気代よりも、300円ほど高めです。

僅かな金額と思う人が多いかもしれませんが、電気代は毎月かかる料金なので、長期的な目で見ると大きな金額になります。

アルピナウォーターと他社の電気代を徹底比較!電気代節約の裏技も伝授!

クリクラ省エネサーバーの電気代は約756円

クリクラの省エネサーバーは新型シーズヒーター採用により熱効率がはるかに向上、従来のサーバーに比べて消費電力を最大55%カットに成功。

月々の電気代は約756円と250円ほどの節約に繋がります。

僅かな差と感じるかもしれませんが、1年で考えると約3.000円も電気代を抑えられる計算に。

ただ、初回設置料で7.700円かかるのがネックなポイントと言えますね。

クリクラの電気代を他社メーカーと比較!

メーカー サーバー名 電気代
クリクラ クリクラサーバー 約1.000円
クリクラ省エネサーバー 約756円
アクアマジック ロングタイプ 約800円
キララ ヌゥーボ(通常使用時) 約1.300円
ヌゥーボ(エコモード使用時) 約800円
ピュアハワイアンウォーター スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約600円
エフィールウォーター フロアータイプ 約1.647円
カウンタータイプ 約1.296円
アクアクララ アクアファブ 約800円
アクアスリム 約1.000円
アクアウィズ 約475円
アクアアドバンス 約350円
アクアセレクト ライフ 約680円
アクアセレクトサーバー 約750円
信濃湧水 スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約300円
コスモウォーター smartプラス 約465円
ECOTTO 約125円
プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー 約980円
amadanaスタンダードサーバー 約1.060円
Cado×プレミアムウォーター 通常時:約840円

エコモード時約670円

ワンウェイウォーター smart 通常時:約494円

エコモード時;約436円

スタイリッシュサーバー 約688円
お掃除ロボット一体型サーバー 約744円
アルピナウォーター 床置きタイプ 約1.000円
フレシャス slat 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Slat+café 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Dewo 約330円(すべてのエコ機能稼働時

クリクラの電気代が高い理由とは?

クリクラ省エネサーバーの場合は、他社と比較しても電気代を安く抑えられます。

しかし、クリクラfit・クリクラサーバーに関しては電気代が約1.000円と比較的高め。

なぜ、省エネサーバーだけ電気代が安く、それ以外のサーバーは電気代が高いのでしょうか?

省エネ機能が搭載されていない

電気代が高い大きな理由は、省エネサーバーを除いて、省エネ機能が搭載されていないため。

電気代が安い機種は、明るさを感知して自動的に節電モードに切り替わったり、お湯の温度を調整し消費電力をカットしたりと様々な機能が搭載されています。

消費電力カットに力を入れているメーカーになると、月々の電気代は300円ほどに抑えられる機種も。

そう考えると、クリクラは電気代が比較的高めであまり力を入れていないと言えますね。

クリクラで電気代以外にかかる費用の内訳

ウォーターサーバーでかかる料金は、

  • サーバーのレンタル料
  • ボトル宅配料
  • 初回設置費用
  • 水代
  • 電気代
  • メンテナンス代

主に上記の6つですが、クリクラでは電気代と水代のみ!

ランニングコストを最小限に抑えられるため、少しでも安くウォーターサーバーを始めようと考えている人にとてもおすすめです。

そこでここからは、クリクラでかかる賞金の詳細について紹介していきます。

水代

クリクラの水代はボトル1本(12L)当たり、税込み価格1.460円で、各メーカーの電気代と比較してもかなりの安さです。

クリクラの電気代がここまで安いのは原水を水道水とし、宇宙開発の現場などでも利用されている最先端テクノロジーの逆浸透膜(RO膜)システムを使用しているため。

天然水を採水するよりもコストを抑えられるため、この低価格を実現できているのです。

ただ、「水道水ってまずいんじゃないの?」「衛生的に大丈夫なの?」と不安を感じている人も多いでしょう。

しかし安心してください。

クリクラで使用されている水は全国各地560の産院で使用されており、安全性の高さが大きな特徴です。

安心サポートパック

クリクラでは月額460円を支払えば、緊急時やトラブル時にサポートが受けられる、安心サポートパックがあります。

受けられるサポートは下記の通り。

  • 専門スタッフによる対応
  • 故障時の無償対応
  • 年1回のサーバーメンテナンス
  • 小さなお子さんへの安全対応
  • 快適サービス

月額たったの460円でこれだけ充実したサポートを受けられるので、非常にお得なサービスです。

クリクラの月額費用は約3.000円

クリクラで1ヶ月当たりにかかる料金は、電気代+水代+安心サポートパック合わせて、約3.000円と言ったところ。

他のメーカーと比べてかなりリーズナブルな価格で使用できます。

月々にかかる料金項目が少ないため、電気代が高くても全体的には安くなりますね。

クリクラにはこんな魅力が!

それでは最後にクリクラ独自の3つの魅力を紹介します。

  • サーバーがシンプルで使いやすい
  • 安心サポート朴が非常にお得
  • 好きなタイミングで水を注文できる

それぞれの魅力を見ていきましょう。・

サーバーがシンプルで使いやすい

クリクラのウォーターサーバーは見た目からとてもシンプルなのが分かるように、無駄な機能を極限まで取り除いています。

そのため、初めてウォーターサーバーを使う人や高齢者などでも簡単に操作が可能。

加えてすべての機能をロックする2段階ロックも搭載していますので、小さな子どもがいる家庭でも安心感がありますね。

安心サポートパックが非常にお得

先程紹介したようにクリクラでは月額460円を支払えば、緊急時やトラブル時に手厚いサポートが受けられます。

24時間体制でサポートしてくれるので、いつどんな時にトラブルが起きても安心。

他のメーカーではメンテナンス料1.000~2.000円ほどかかるため、非常にお得と言えますね。

好きな時に水を注文できる

何度か触れてきましたが、キララは定額制なので何本水を注文しても、追加料金が発生しません。

ボトルごとに追加料金がかかるメーカーが多い中で、定額制なのはお財布に優しく大きなメリットと言えます。

そのため、利用人数が多かく、水の消費量が多い家庭や企業などにとてもおすすめ。

ただ、ひと月当たりの水消費量が少ない家庭だと、最低ラインの水しか使えないので損してしまいます。

クリクラ使用者の口コミ一覧!特徴や人気の理由を徹底解説!