ウォーターネットの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

ウォーターネットの利用を検討している人で、電気代や月額費用が気になる人も多いでしょう。

ウォーターネットでかかる電気代は月額380円程度で、それ以外にかかる月額費用は水代とレンタル代のみとなります。

ですが、月額費用の総額やその他発生する料金について、他社と比較してから契約を決めたいですよね。

今回はウォーターネットの電気代や月額費用について、他社と比較して徹底解説します。

ウォーターネットの電気代は月額約380円

アクアバンクの電気代は、月額でc程度かかります。

1年間利用しても4,560円なので、ウォーターサーバーの電気代としてかなりお得となっています。したがって、月々の固定費をなるべく抑えて、ウォーターサーバーを使用したい人におすすめです。

ウォーターネットの電気代を他社メーカーと比較!

「ウォーターネット」と他社メーカーの電気代は、以下の通りです。

メーカー サーバー名 電気代
アクアマジック ロングタイプ 約800円
キララ ヌゥーボ(通常使用時) 約1.300円
ヌゥーボ(エコモード使用時) 約800円
ピュアハワイアンウォーター スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約600円
エフィールウォーター フロアータイプ 約1.647円
カウンタータイプ 約1.296円
アクアクララ アクアファブ 約800円
アクアスリム 約1.000円
アクアウィズ 約475円
アクアアドバンス 約350円
アクアセレクト ライフ 約680円
アクアセレクトサーバー 約750円
信濃湧水 スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約300円
コスモウォーター smartプラス 約465円
ECOTTO 約125円
プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー 約980円
amadanaスタンダードサーバー 約1.060円
Cado×プレミアムウォーター 通常時:約840円

エコモード時約670円

クリクラ サーバーL 約1.283円
ワンウェイウォーター smart 通常時:約494円

エコモード時;約436円

スタイリッシュサーバー 約688円
お掃除ロボット一体型サーバー 約744円
アルピナウォーター 床置きタイプ 約1.000円
フレシャス slat 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Slat+café 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Dewo 約330円(すべてのエコ機能稼働時

ウォーターネットの電気代は他社と比較してかなり安い!

一般的なウォーターサーバーの電気代は、月額300円~1,200円程度です。

「ウォーターネット」の電気代は、月額約380円なので他社と比較して、かなりお得な価格となっています。

ウォーターネットで電気代以外にかかる費用の内訳

ウォーターネットで電気代以外にかかる費用は以下の2つです。

  • 水代:1,296円/本
  • サーバーレンタル代:1,000円~1,500円

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

水代:1,296円

ウォーターネットでかかる水代は、12Lボトル1本の料金1,296円(税込み)のみとなります。

ウォーターネットでは、毎月の水の購入ノルマがないため、1本単位で注文が可能です。よって、水が必要ない月は注文する必要がないので、他社よりも無駄な出費を抑えやすくなっています。

サーバーレンタル代:1,000円~1,500円

ウォーターネットでは、以下のようにサーバーごとにレンタル代が異なります。

  • アクアウィング:1,650円
  • スタイリッシュウォーターサーバー(床置き):1,100円
  • シンプルウォーターサーバー(卓上):1,100円
  • 省エネウォーターサーバー(床置き):1,100円
  • 省エネウォーターサーバー(卓上):1,100円

他社のウォーターサーバーでは、レンタル代が無料のところもあるので、その点毎月かかる費用としては高めです。どのサーバーを利用しても、1年間の利用でレンタル代が12,000円以上はかかります。

ウォーターネットをおすすめする3つのポイント

ウォーターネットをおすすめするポイントは、以下の3つです。

  • 解約金が一切かからない
  • 無料でメンテナンスを受けられる
  • サーバーのデザイン性が豊富に揃っている

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

解約金が一切かからない

ウォーターネットでは、解約に関する費用は一切かかりません。

ウォーターサーバーの利用期間に関わらず、解約金は無料となります。担当の配達員に連絡をすることで、当月の解約が可能です。

連絡後は、無償で撤去・回収まで行ってくれます。一方、他社のウォーターサーバーでは、1年以内の解約で、解約金が1万円程度発生する場合が多いです。

その点、ウォーターネットでは最低利用期間もないので、契約しやすいでしょう。

無料でメンテナンスを受けられる

ウォーターネットでは、レンタル料金にメンテナンス料が含まれているため、メンテナンス費用は発生しません。

メンテナンスとしてサーバーの種類ごとに最適な期間で、代替機への交換をしてくれます。基本的には1年に1回、タンク内の洗浄などが行われたサーバーと交換されるので、衛生的な状態が保たれます。

また、他社のウォーターサーバーでは、メンテナンス料として1万円程度かかるケースもあります。よって、ウォーターネットでは追加での費用がかからない点で、長期的に利用しやすいでしょう。

サーバーのデザイン性が豊富に揃っている

ウォーターネットでは、5種類のウォーターサーバーがあります。

スタイリッシュウォーターサーバーはもちろんデザイン性が高い機種ですが、それ以外のウォーターサーバーもシンプルなデザインで置く場所を選ばないでしょう。

それぞれの機種で、レンタル料金は異なりますが、お好みのデザインから選べるようになっています。

ウォーターネットは電気代・月額料金ともにお得!

今回は、ウォーターネットの電気代や月額費用について、他社と比較して徹底解説しました。

ウォーターネットのウォーターサーバーでかかる電気代は、月額約380円とかなりお得です。

また、電気代以外に毎月かかる料金は、ボトル1本あたり1,296円とサーバーレンタル代の1,000円~1,500円となります。

加えて、メンテナンス代が別途かからない点でも、比較的利用しやすい価格です。ぜひこの記事を参考に、ウォーターネットの利用を検討してみてください。