スノーアルプスの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

スノーアルプスの利用を検討している人で、電気代や月額費用が気になる人も多いでしょう。

ウォーターサーバーを契約する上で、後から諸費用を請求されたということも聞きます。

よって、事前に利用に必要な費用を、把握しておきたい人も多いと思います。

そんな人に向けて、スノーアルプスの電気代や月額費用について、他社と比較して徹底解説します。

スノーアルプスの電気代は月額約1,000円

スノーアルプスのサーバーごとの電気代は、以下の通りです。

  • スタンダードサーバー:約1,000円/月
  • プラチナサーバー:約700円/月(エコモード使用時)

エコモードで利用すれば約700円

プラチナサーバーには、エコモードが搭載されてます。

したがって、常時エコモードで使用することで月額の電気代を、約700円に抑えることが可能です。

1年間使用して、年間の電気代は約8,400円と1万円以下になるので、比較的利用しやすいでしょう。

スノーアルプスの電気代を他社メーカーと比較

スノーアルプスと他社メーカーの電気代は、以下の通りです。

メーカー サーバー名 電気代
アクアマジック ロングタイプ 約800円
キララ ヌゥーボ(通常使用時) 約1.300円
ヌゥーボ(エコモード使用時) 約800円
ピュアハワイアンウォーター スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約600円
エフィールウォーター フロアータイプ 約1.647円
カウンタータイプ 約1.296円
アクアクララ アクアファブ 約800円
アクアスリム 約1.000円
アクアウィズ 約475円
アクアアドバンス 約350円
アクアセレクト ライフ 約680円
アクアセレクトサーバー 約750円
信濃湧水 スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約300円
コスモウォーター smartプラス 約465円
ECOTTO 約125円
プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー 約980円
amadanaスタンダードサーバー 約1.060円
Cado×プレミアムウォーター 通常時:約840円

エコモード時約670円

クリクラ サーバーL 約1.283円
ワンウェイウォーター smart 通常時:約494円

エコモード時;約436円

スタイリッシュサーバー 約688円
お掃除ロボット一体型サーバー 約744円
アルピナウォーター 床置きタイプ 約1.000円
フレシャス slat 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Slat+café 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Dewo 約330円(すべてのエコ機能稼働時

スノーアルプスの電気代は他社と比較して平均的

スノーアルプスの電気代は、約700円〜1,000円です。一般的なウォーターサーバーの電気代は、月額300円~1,200円程度となります。したがって、スノーアルプスの電気代は平均的といえます。

スノーアルプスで電気代以外にかかる費用の内訳

スノーアルプスで電気代以外にかかる費用は、以下の2つです。

・定額料金の3200円~3800円
・初回設置料6,000円

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

定額料金の3200円~3800円

スノーアルプスでは、コースごとに以下の定額料金がかかります。

スノーアルプススタンダードサーバーロング、ショート スノーアルプスプラチナサーバー
月額料金定額コース3,200円(税抜) 月額料金定額コース3,800円(税抜)

上記料金には、ボトルウォーター7.6L×3本の料金も含まれています。

ボトルは8週間に一度、送料無料で配送されます。ボトル代も含まれている月額料金なので、比較的利用しやすい価格です。

ウォーターサーバー設置料6,000円

スノーアルプスでは、初回ウォーターサーバーの設置料が6,000円かかります。

しかし、2021年2月13日現在では、「初回設置料金無料キャンペーン」を行っており、設置料がかかりません。ぜひこの機会に利用を検討してみてください。

※公式サイトにてキャンペーン期間記載なし

スノーアルプスをおすすめする3つのポイント

スノーアルプスをおすすめするポイントは、以下の3つです。

  • 水の注文ノルマがない
  • 使い捨てボトルで使い勝手が良い
  • 高度の低い軟水を使用しており老若男女誰でも楽しめる

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

水の注文ノルマがない

スノーアルプスでは「水の注文ノルマ」がありません。

他社のウォーターサーバーでは、毎月ボトル1つ以上の注文が、必要なところが多い傾向にあります。

注文ノルマがあると、ボトルを使い切っていなかったり、長期間の外出で必要なかったりしても、ボトルを注文しなければなりません。

よって、スノーアルプスでは注文ノルマがない分、無駄な出費を抑えやすいでしょう。

使い捨てボトルで使い勝手が良い

スノーアルプスは「使い捨てボトル」を採用しています。

他社のウォーターサーバーでは、ボトル内の水を使い切ったら、業者が回収しにくる「リターナブルボトル」を採用しているところもあります。

その場合、使い切ったボトルを保管する必要があるので、ある程度のスペースを用意しなければなりません。

その点、スノーアルプスは、使い終わったボトルは通常のゴミとして処分できるので、利用しやすいでしょう。

高度の低い軟水を使用しており老若男女誰でも楽しめる

スノーアルプスの水は「高度の低い軟水」です。

採水地は、長野県信濃大町爺ヶ岳の山麓標高1220mにある水源で、夏場でも残雪があります。

硬度16の超軟水で、国内水道水の平均硬度50よりかなり低くなっています。

したがって、口当たりなめらかで飲みやすい特徴があります。クセが少ない点で、料理や赤ちゃんのミルクにも最適です。

スノーアルプス天然水の概要
水の種類 天然水
採水地 長野県大町市北アルプス水源
エネルギー 0kal
たんぱく質・脂質・炭水化物 0.00mg
ナトリウム 0.27mg
カルシウム 0.54mg
マグネシウム 0.05mg
カリウム 0.05mg
硬度 16mg(軟水)ph7

スノーアルプスは電気代・月額料金ともにお得

今回は、スノーアルプスの電気代や月額費用について、他社と比較して徹底解説しました。

スノーアルプスのウォーターサーバーにかかる電気代は、約700円〜1,000円と平均的です。

また、電気代以外に毎月かかる料金は、定額料金の3,200円~3,800円のみです。

比較的利用しやすい価格なので、ぜひこの記事を参考に、スノーアルプスの利用を検討してみてください。