元バーテンダーが教えるレモン水の作り方!レモン水のメリットとデメリット徹底解説

元バーテンダーが教えるレモン水の作り方!レモン水のメリットとデメリット徹底解説

体にもいい美味しいレモン水を、家で飲めたら良いですよね。

実はレモン水はご家庭でも簡単に作ることができることを皆さんご存知でしたか?

レモン水は、美容的にも健康的にも体にとって良い飲み物です。

今回の記事では、元バーテンダーが教える美味しいレモン水の作り方とレモン水のメリットとデメリットについて紹介していきます。

レモン水を生活の中に取り入れて、潤った生活を送りましょう。

美味しいレモン水のために用意するもの

美味しいレモン水を作るためには、材料が必要ですよね。

今回はホットとコールドのレモン水の作り方について、紹介していきます。

材料から紹介していくので、美味しいレモン水を作ることができるように頑張りましょう。

シリカ水の作り方徹底解説!シリカ水をおすすめできる理由を紹介

コールドの場合

  • カットレモン 1/2
  • 軟水のミネラルウォーター
  • 蜂蜜orガムシロップ
  • スライスレモン 3枚

ホットの場合

  • カットレモン1/4
  • ミネラルウォーター
  • 蜂蜜
  • シナモンスティック
  • 生姜のすり下ろし

美味しいレモン水の作り方

美味しいレモン水を作ることができれば、日常生活の中にとり入れたくなりますよね。

レモン水は体にいい効果がたくさんあるので、ご自宅で作って生活の中に取り入れましょう。

コールドの場合

冷たいレモン水は、夏場に飲みたいですよね。

レモン水を取り入れることで、毎日の水分補給が楽しくなり熱中症へのリスクを抑えることができます。

元バーテンダーが教える、冷たくて美味しいレモン水をしっかりと取り入れてレモン水を作りましょう。

レモンをカットする

まずはレモンを、しっかりと洗いましょう。

レモンには農薬や汚れがついていることが多いです。

体を守るためにも、しっかりと洗うようにしましょう。

洗い終わったら、レモンを半分に切ります。

切り終えたら第一段階、完了です。

グラスに氷とレモンを入れる

グラスを用意しましょう。

グラスの種類をご家庭にあるもので大丈夫です。

グラスの中に少量のミネラルウォーターを入れます。

カットしたレモンは、グラスの中へ絞り入れましょう。

ミネラルウォーターとレモンを、軽く混ぜることができたら第2段階完了です。

ミネラルウォーターを入れる

混ぜ合わせたレモンとミネラルウォーターに残っているミネラルウォーターをグラスの8分目まで入れましょう。

ミネラルウォーターをグラスの8分目まで入れることができたら、5回位混ぜます。

蜂蜜を足して完成

 

レモン水に蜂蜜かガムシロップを、ティースプーン1杯を目安にして入れます。

蜂蜜やガムシロップは粘度が高いので、しっかりと混ぜまるようにしましょう。

混ぜることができれば、スライスしたレモンをグラスの中に入れて完成です。

お好みのハーブなど、添えてあげるとおしゃれですよね。

ホットの場合

冬の寒い時期は、やはり温かい飲み物を飲みたいですよね。

温かい飲み物は消化器官のも優しく、スパイスなどを入れれば体温の保温をすることができます。

レモン水もホットドリンクにすることができることを、皆さんご存知でしたか?

コンビニにもレモン水の、ホットバージョンが売られていますよね。

今回ご紹介するのは、ご家庭でできるスパイスを使った本格レモン水です。

作り方をしっかり確認して、温かいレモン水で冬を乗り切りましょう。

ミネラルウォーターを温める

レモンを切る前に、ミネラルウォーターを温めましょう。

温度としては90℃が目安です。

レモンをカップに入れる

レモンをしっかりと洗うことができれば、1/4の大きさにカットしましょう。

レモンをカットすることができれば、カップの中に絞るように入れます。

レモンの入ったカップにミネラルウォーターを入れる

レモンが入ったカップに、温めたミネラルウォーターを入れます。

用意していた生姜をすり下ろして、こし器にかけます。

汁だけをカップに、入れるようにしましょう。

蜂蜜をとシナモンスティックを入れれば完成

蜂蜜の量はコールドの時同様に、ティースプーン1杯が目安なので調節して入れましょう。

蜂蜜を入れることができれば、用意していたシナモンスティックをそのまま入れれば完成です。

ホットドリンクは若干甘めに作ったほうが美味しさがアップするので、蜂蜜の量は好みで調節しましょう。

レモン水のメリット・デメリット

レモン水と聞くと、なんだか体に良いようなイメージがありますよね。

実際にレモン水は、体にいい効果をたくさん持っています。

レモン水をただなんとなく飲むことと、どのような効果があるか知って飲むとでは実際に体感できる効果も変わりますね。

どのような効果があるのか分からずに飲んでしまうと、体感できずに結局レモン水を摂取することを継続することができなくなってします。

レモン水のメリットとデメリットについて紹介するので、レモン水を生活に取り入れる方意識して飲みましょう。

メリット

レモン水のメリットは下記の通りです。

  • 美肌効果がある
  • ダイエット効果がある
  • 口臭予防になる
  • 疲労回復ができる
  • 風邪の予防になる

1つずつ詳しく解説していきます。

美肌効果がある

美肌と聞くと女性の方は、気になってしまう方が多いのではないのでしょうか?

レモン水には、ビタミンCが豊富に含まれており肌の潤いを保つために必要なコラーゲンの生成を促進させる効果があります。

コラーゲンは細胞の同士の結合を円滑に行い、肌にハリとツヤを与えてくれるのです。

美肌になりたい方は、レモン水を生活の中に取り入れましょう。

ダイエット効果がある

男性も女性も美しい体を手に入れたいですよね。

レモン水を飲んだら、ダイエット効果があるということを皆さんご存知ですか?

レモンにはエリオシトリンという成分が含まれており、脂肪の吸収を抑えてくれる役割があるといわれています。

またレモンに多く含まれているクエン酸には、新陳代謝を活性化させる役割があり栄養素をエネルギーに変換することを効率化してくれるのです。

新陳代謝が良くなるということは、体内の老廃物を排出することも活発化されデトックス効果があるといえます。

デトックス効果が発揮されることで、むくみの改善に繋がり更に美しい体を得ることができるのです。

効率よく痩せたい方は、レモン水を飲みましょう。

デトックスウォーターの効果はフルーツによって違う?!デトックスウォーターの効果と作り方

口臭予防になる

年齢を重ねると口臭が、気になることが多くなりますよね。

レモン水を飲めば口臭の悩みを、一気に解決することができます。

レモンに含まれているクエン酸は酸性の物質であるため、口臭の原因となるバクテリアや細菌などを殺菌することができます。

レモン水を飲めば口の中もさっぱりすることができますし、良い効果しかありません。

口臭が気になる方は、レモン水を一度試して見てはいかがでしょうか?

疲労回復ができる

運動をした時に、よく蜂蜜レモンがいいといわれていることを皆さんご存知ですか?

実際に運動部に所属をしていた方であれば、レモンの蜂蜜漬けを食べたことある人もいますよね。

レモンの成分であるクエン酸は疲労物質である乳酸を分解することができ、即効性のある疲労回復をすることができます。

日々の仕事の疲れや風邪の際にも効果的なので、レモン水を試してみましょう。

風邪の予防になる

レモン水は美容面だけでなく風邪の予防にも、役立たせることができることを皆さんご存知でしたか?

風邪を引く時は免疫細胞が、風邪のウィルスに負けてしまい活動が出来なくなってしまう時なります。

レモンの中に含まれているビタミンCは白血球やリンパ球などの免疫細胞を強化することができ、風邪のウィルスの除去に効果的であるといわれているのです。

冬の時期は風邪を引きやすくなってしまうため、積極的にレモン水を生活に取り入れるようにしましょう。

デメリット

レモン水には基本的には、健康に良い効果を期待することができることは皆さん知っていますよね?

しかし誤った飲み方をしてしまうと、体にとって害になってしまう危険性もあります。

これからレモン水のデメリットについて紹介していくのでしっかりと確認しましょう。

以下がデメリットです。

  • 胃が荒れてしまう可能性がある
  • 歯のエナメル質を溶かしてしまう

胃が荒れてしまう可能性がある

レモンに含まれる酸が、胃の粘膜を傷つけてしまう危険性があります。

特に空腹時出る場合は直接胃にレモン水が触れてしまうため、胃を傷つけてしまう可能性が高くなってしまうのです。

空腹のときと胃が弱い人は、レモン水を摂取することを控えましょう。

歯のエナメル質を溶かしてしまう

歯のエナメル質は虫歯や損傷にから歯を守るためのコーティングです。

レモンに含まれる酸が影響して、エナメル質を溶かしてしまう恐れがあります。

エナメル質が溶けてしまうと虫歯の原因となってしまうので、レモン水を飲んだ後は軽く口をゆすぐようにしましょう。

レモン水を飲む効果的なタイミング

レモン水を効果的なタイミングで飲むことができなければ、効果は半減してしまいますね。

どうせレモン水を飲むのであれば、効果が出やすいタイミングに飲むべきです。

正しいタイミングでレモン水を摂取することができるように、効果的なタイミングを一緒に確認していきましょう。

寝る前に水を飲むとダイエットや健康に良い?寝る前の水分補給を見直そう!

朝食の時

朝食のときは、体がまだ眠っている可能性が高いです。

特に消化器官はまだ起きていないので、朝食をそのまま食べてしまうと消化不良を起こす可能性がありますね。

レモン水を朝食で飲むことによって、腸を刺激し内臓の動きを活発化することができます。

ホットのレモン水を飲めば、内臓を温める効果があり代謝を高め、デトックス効果へと繋がっていくのです。

体を起こしたいのであれば、朝食の時にレモン水を飲むようにしましょう。

食事の前

ダイエットをしたい方は必見。

レモン水を食事の前に飲むと、脂肪の燃焼効率がアップしエネルギーを効率的に生産することができるのです。

エネルギーを効率よく生産することで、食欲を抑えることができ消化も促進されます。

また、コレステロールを抑えることができ、脂肪の蓄積を防ぐことができることもうれしいポイントですよね。

血糖値も下げることができるので糖尿病の改善にも繋がり、レモン水を飲むだけで一石三鳥の効果を得ることができます。

糖質やコレステロールガキになる方は、レモン水を食事前に必ず飲みましょう。

寝る前

寝る前にレモン水を摂取することで、ポリフェノールを多く体に取り込むことができ血管の拡張をすることができることをご存知でしたか?

血管を拡張することで血液がサラサラになり、むくみの改善や代謝のアップをすることができます。

血液をサラサラにしたい人は、寝る前に1杯レモン水を飲むようにしましょう。

レモン水の飲みすぎに注意

レモン水はデメリットのときにも紹介しましたが、酸の刺激が少し強い飲み物です。

摂取の目安としては、1日2~3杯までに留めるようにしましょう。

レモン水を健康のために取り入れたとしても、体調を崩してしまったら意味がありません。

正しい量を心がけましょう。

レモン水は定期的に取り入れよう

レモン水が体に良いということが、わかっていただけましたか?

レモン水を生活の中に取り入れることができれば、健康的にも美容的にもいい効果があることは知っていただけたと思います。

レモン水はご家庭でも簡単に取り入れることができるので、是非一度作ってみてください。

レモン水を、生活の中に取り入れて潤った毎日を送りましょう。