ミネラルウォーターは開封後どのくらい保管できる?正しい保管方法を解説!

ペットボトルのミネラルウォーターを、毎月購入する人は多いのではないでしょうか。

ミネラルウォーターは、正しい保管方法を守らないと、風味が悪くなったり、変質の原因になったりします。

開封前や開封後でも、正しい保管方法や保管できる期限が異なります。

せっかく購入した水なので、正しい保管方法を守り、少しでもおいしく楽しみたいですよね。

今回は、ミネラルウォーターは開封後どのくらい保管できるかについて、正しい保管方法を含めてご紹介します。

ミネラルウォーターは腐るのか?

ミネラルウォーターは、実質腐りません。

物が腐るためには、空気中の雑菌や微生物がタンパク質などの物質を食べて、分解する必要があります。

その点、水は無機物であり、タンパク質が存在しないことから、水自体は腐らないでしょう。

しかし、水が空気中の細菌などに触れると、腐敗が進行していきます。

ペットボトルのミネラルウォーターは、開封後すぐ腐敗が進んでいくということを意味します。

また、国産のミネラルウォーターでは、殺菌処理を行うことが義務付けられています。

したがって、ペットボトル開封前では、水が腐ることは基本的にありません。

ミネラルウォーターに賞味期限がある理由

ミネラルウォーターには賞味期限が記載されています。

水自体は腐らないのですが、これはミネラルウォーターの容器として使用されているペットボトルが原因です。

ペットボトルは目には見えないほどの気体透過性があり、通気性が良い特徴があります。

したがって、ペットボトルに入ったミネラルウォーターをかなり長い期間保管しておくと、周辺のにおいが移ることがあります。

周辺のにおいが水に移ると、水の風味が変わり、ミネラルウォーターを美味しく飲めないことも考えられるでしょう。

加えて、ペットボトルに入ったミネラルウォーターは、長期保存すると中の水が蒸発をします。

よって、容器に記載されている容量よりも、水の量が少なくなってしまうこともあります。

飲食物が表示されている内容量よりも、少ない状態になってしまうと、計量法違反となってしまいます。

このように、上記のような理由からミネラルウォーターにも、賞味期限が記載されています。

水あたりとはなに?原因と対処法を紹介!

ミネラルウォーターの賞味期限は開封前・開封後で異なる!

ミネラルウォーターの賞味期限は、開封前と開封後で異なります。ここで抑えるべき点は、以下の2つです。

  • 開封前は記載されている賞味期限通り
  • 開封後は常温であれば1日・冷蔵庫で保管する場合は2~3日

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

開封前は記載されている賞味期限通り

開封前のミネラルウォーターは、記載されている賞味期限通りです。

保存方法としては、常温でも冷蔵庫で保存しても、どちらも変わりません。

商品に記載されている保存方法通りに、保管をしておけば賞味期限通りにミネラルウォーターが飲めるでしょう。

よくある保存状況としては、日光に当たらない場所が挙げられます。

直射日光が当たると変質の原因となるので、保存場所に注意しましょう。

また、極度に高温になるような場所での保管も、避けたほうがよいでしょう。

開封後は常温であれば1日・冷蔵庫で保管する場合は2~3日

開封後のミネラルウォーターは、常温であれば1日、冷蔵庫であれば2〜3日です。

基本的にふたを開封したミネラルウォーターは、腐敗が進んでいきます。

賞味期限は、開封後は適用外となるので、なるべく早く飲みきってしまうようにしましょう。

開封後のミネラルウォーターは、沸騰処理を行うことで、1週間程度飲むことができるとされています。

しかし、確実な安全性を求めるのであれば、どちらにしても早いうちに飲みきってしまうのがおすすめです。

開封済みのミネラルウォーターはボトルサイズによっても賞味期限が異なる

開封済みのミネラルウォーターは、以下のようにボトルサイズによっても賞味期限が異なります。

  • 500mlであれば当日
  • 2L容器の場合は2~3日

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

500mlであれば当日

開封済みの500mlペットボトルのミネラルウォーターは、当日中が賞味期限となっています。

基本的には開封済みのものは、サイズに関わらずなるべく早く飲み切るのがおすすめです。

開封前の500mlペットボトルのミネラルウォーターは、1年程度が賞味期限となっています。

2L容器の場合は2~3日

開封済みの2L容器のミネラルウォーターは、2~3日が賞味期限となっています。

一方、開封前の2L容器のミネラルウォーターは、賞味期限が2年程度です。

同じ成分の水であっても、サイズによって賞味期限の違いがある理由としては、外部から受ける影響に差があることが原因です。

容器のサイズが大きければ大きいほど、容器外部からの水への影響が小さくなります。

しかし、容器のサイズが小さいほど、中の水が外部から受ける影響が大きくなります。

したがって、ミネラルウォーターの賞味期限は、容器のサイズが大きいほど長く設定されています。

ミネラルウォーターの正しい保管方法

ミネラルウォーターには、以下の2つのように、それぞれ正しい保管方法があります。

  • 未開封ボトルの正しい保管方法
  • 開封済みボトルの正しい保管方法

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

未開封ボトルの正しい保管方法

未開封ボトルは、常温で保管が可能です。

保管場所としては、直射日光が当たる場所、温度が極度に高いところや、湿度が高い場所は避ける必要があります。

また、近くににおいが強い物を置くと、未開封ボトルであっても中の水に臭いが移ってしまう可能性があるので、注意しましょう。

上記のように、未開封ボトルは、涼しくて暗い場所での保管が正しい保管方法となります。

開封済みボトルの正しい保管方法

開封済みボトルは、冷蔵庫で保存する必要があります。

ミネラルウォーターは、開封すると同時に腐敗が進んでいくので、できるだけ早く飲み切るのがおすすめです。

賞味期限は開封前のものなので、開封済みボトルは適用外となります。

また、容量の少ないペットボトルに入ったミネラルウォーターは、口をつけてそのまま飲み人も多いのではないでしょうか。

しかし、直接ペットボトルに口をつけて飲むと、口の中の雑菌が水へ繁殖してしまいます。

これはペットボトル内のミネラルウォーターの腐敗していくスピードを、早めてしまう原因となります。

少しでも新鮮で安全な水を楽しめるよう、コップに注いでからミネラルウォーターを飲むのがよいでしょう。

ボトルを開封したら早めに飲み切ろう!

今回は、ミネラルウォーターは開封後どのくらい保管できるかについて、正しい保管方法を含めてご紹介しました。

開封後のペットボトルに入ったミネラルウォーターは、基本的になるべく早く飲み切りましょう。

開封前のペットボトルについても、正しい保管方法を守らないと、臭いがミネラルウォーターに移ってしまう可能性があります。

ペットボトルのミネラルウォーターをよりおいしく楽しめるよう、ぜひこの記事を参考にしてみてください。