ジャパネットウォーターの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

アイディールウォーターの解約方法とは?解約の流れと解約金を無料にする裏技

テレビの通販番組でも見かけた経験がある人も多い、ジャパネットが提供しているジャパネットウォーター。

通信販売業最大手と言っても過言ではない企業が販売しているため、興味を持っている人も多いのではないでしょうか?

ウォーターサーバーを購入する際に気になるのが、月々の電気代や各種料金ですよね。

ウォーターサーバーの電気代や料金は毎月発生するため、少しでも安く抑えたいところ。

そこでこの記事では、ジャパネットウォーターの電気や料金を他のメーカーと比較していきます。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

ジャパネットウォーターの電気代は月額約1400円~1900円

ジャパネットウォーターの電気代は月額1.400円~1.900円ほど。

一般的なウォーターサーバーの電気代が700円程で、高くても1.000円程なので、かなり高いのが分かります。

他のメーカーの電気代と比較しても、ダントツに高いです。

電気代は毎月かかる費用なので、年間を通して考えるとおおよそ20.000円もの料金がかかるため、大きな出費に繋がってしまうことに。

そのため、電気代だけで考えるとあまりおすすめできるサーバーとは言えません。

ダスキンウォーターサーバーの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

ジャパネットウォーターの電気代を他社メーカーと比較!

メーカー サーバー名 電気代
ジャパネットウォーター 床置きタイプ・卓上タイプ 約1.400円~1.900円
ダスキン 約600円
マーキュロップ 約500円
アクアマジック ロングタイプ 約800円
キララ ヌゥーボ(通常使用時) 約1.300円
ヌゥーボ(エコモード使用時) 約800円
ピュアハワイアンウォーター スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約600円
エフィールウォーター フロアータイプ 約1.647円
カウンタータイプ 約1.296円
アクアクララ アクアファブ 約800円
アクアスリム 約1.000円
アクアウィズ 約475円
アクアアドバンス 約350円
アクアセレクト ライフ 約680円
アクアセレクトサーバー 約750円
信濃湧水 スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約300円
コスモウォーター smartプラス 約465円
ECOTTO 約125円
プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー 約980円
amadanaスタンダードサーバー 約1.060円
Cado×プレミアムウォーター 通常時:約840円

エコモード時約670円

クリクラ サーバーL 約1.283円
ワンウェイウォーター smart 通常時:約494円

エコモード時;約436円

スタイリッシュサーバー 約688円
お掃除ロボット一体型サーバー 約744円
アルピナウォーター 床置きタイプ 約1.000円
フレシャス slat 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Slat+café 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Dewo 約330円(すべてのエコ機能稼働時

ジャパネットウォーターの電気代は他社と比較してかなり高め

上記の表で他社の電気代と比較してもわかるように、ジャパネットウォーターはかなり電気代が高いです。

できるなら電気代は極力安く抑えておきたいところですよね。

それではなぜ、ジャパネットウォーターの電気代はここまで高いのでしょうか?

省エネ機能が搭載されていない

ジャパネットウォーターの電気代がここまで高いのは、省エネ機能が搭載されていないため。

省エネ機能が搭載されてないため、ここまで電気代がここまで高額になっているのです。

また、省エネ機能以外の設計にも、何かしらの問題がかなりの電力を消費する設計になっている様です。

アクアクララの評判とは?良い口コミ・悪い口コミからわかる人気の理由を紹介!

ジャパネットウォーターで電気代以外にかかる費用の内訳

ウォーターサーバーには電気代以外にも、様々な料金がかかるため、いくら位かかるのかチェックしておかなければなりません。

そこでここからは、電気代以外にかかる料金の内訳を紹介していきます。

月額費用の内訳 料金
水代 3.480円(ボトル2本)
サーバーレンタル代 無料
水の配送料 無料(地域によっては有料)
メンテナンス料 無料
サーバー初回設置費用 無料
サーバーの電気代 約1.400円~1.900円

ジャパネットウォーターの月額費用は約6.000円

ジャパネットウォーターにかかる料金は月額6.000円と言ったところ。(11L×2本)

ウォーターサーバーで発生する月額費用は4.000円程が一般的なので、少し高めと言えます。

そのため、ウォーターサーバーに安さを求めている人にはあまりおすすめできません。

しかし、料金が高いという理由だけでジャパネットウォーターに興味を無くしてはいけません!

次の項目でジャパネットウォーターの魅力を紹介していきます。

電気代が高くてもジャパネットウォーターには魅力があります

電気多大こそ高いものの、そのほかの料金に関してはそこまで高い料金はかかりません。

また、料金以外にもジャパネットウォーターには様々な魅力があるのです!

それぞれ説明していくので、チェックしてみて下さいね。

水の配送ペースを柔軟に変更できる

ジャパネットウォーターは配送予定日の5日前までに連絡をすれば、いつでも自由に配送ペースを変更できます。

仕事などで家に帰る機会が少なく、水の消費量が少ない月など簡単変更できるのは嬉しいポイント。

他のメーカーでは配送ペースや配送料などを簡単に変更できないため、他社よりも使い勝手の良さが魅力ですね。

定期メンテナンスを実施しており衛生状態を保てる

ジャパネットウォーターには2年に1度、専門の業者による無料のメンテナンスを実施。

セルフメンテナンスでは取りきれない汚れなどを、くまなく清掃してくれるため、ほぼ新品同様までの状態にできます。

サーバーにクリーニング機能が搭載されているタイプが多く、業者によるメンテナンスが少ない中、かなり貴重なメーカーと言えますね。

毎年ではないものの、業者によるメンテナンスを受けられ、サーバーの衛生状態を保てるのは大きな魅力です。

電話対応が24時間行われていて安心できる

ジャパネットウォーターでは、年中無休で24時間電話サポートを行っています。

他社では平日日中しか電話サポートできない場所も多いため、通販サービスを主戦場とするジャパネットならではの魅力です。

故障や破損などの急なトラブル時でも安心ですね。

ジャパネットウォーターの電気代は高いがその他の料金は平均的

この記事ではジャパネットウォーターの主な料金について紹介してきました。

電気代に関しては他のメーカーと比較してかなり高いですが、その他の料金は平均的。

また、料金以外に、ジャパネットウォーターには様々魅力があるため、色々な要素を比較してから申し込みを決めましょう!

この記事があなたのサーバー選びに役立つことを祈っています。