ジャパネットウォーターの解約方法とは?解約の流れと解約金を無料にする裏技

エフィールウォーターの解約方法とは ?解約の流れと解約金を無料にする裏技を紹介

ジャパネットウォーターを使っている人の中には、解約を考えている人も多いのではないでしょうか?

1つのサーバーを使い続けていく中で、不必要になったり、別メーカーのサーバーに興味を持ったりするのは当然です。

いらなくなっても、別メーカーに乗り換えるにしても、今使っているジャパネットウォーターヲ解約しなければなりません。

そこでこの記事では、ジャパネットウォーターの解約方法や、解約金について詳しく紹介していきます。

あわせて、解約金を無料にする裏技を紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ジャパネットウォーターは2年以内に解約すると14.080円かかる!

ジャパネットウォーターは、サーバーを設置した日から2年以内に解約すると、当初無料であった初期費用の14.080円が発生します。

卓上タイプの場合は9.000円の違約金がかかります。

始めてウォーターサーバーを解約する人にとって、高いのか安いのかよくわかりませんよね。

次の項目で他社とジャパネットウォーターの解約金を紹介していくので、チェックしてみて下さい。

アクアマジックの評判とは?良い口コミ・悪い口コミからわかる人気の理由を紹介!

ジャパネットウォーターと他社の解約金を比較

メーカー 解約金 詳細
ジャパネットウォーター 14.080円(床置き型) 2年未満で解約した場合
9.000円(卓上型) 2年未満で解約した場合
ダスキン 5.000円 1年以内で解約した場合
ダイオーズ 3.000円~12.000円 3年未満で解約した場合
アクアマジック 15.000円 2年未満で解約した場合
アルピナウォーター  5.000円 1年未満で解約した場合
フレシャス 15.000円

9.000円

1年未満

1年以上2年未満

信濃湧水 10000円 1年未満(1年以上で解約金無料)
プレミアムウォーター 15.000円

10.000円

REMIUM3年パック3年以内の解約の場合

基本プランで2年以内の解約の場合

コスモウォーター  14000円 2年未満で解約した場合

ジャパネットウォーターを解約する際はカスタマーセンターに連絡!

ジャパネットウォーターを解約する決意が固まったら、カスタマーセンター(0120-551-661)に電話をかけましょう。

電話でウォーターサーバーを解約する旨を伝え、解約手続きを進めていきます。

解約の手続きを進めていく中で、ウォーターサーバーを返却する日にちも決めるため、あらかじめ自分の都合を確認しておきましょう。

サーバーの返却日時を決める際に気をつけるのは、使用していないボトルの残量。

ボトルが余っているにも関わらず、ウォーターサーバーを返却してしまうと、水が飲めなってしまうため非常にもったいないです。

解約を申し込んだら1ヶ月以内にサーバーを返却する

サーバーを返却する日時は、電話で解約の申し込みをした日から1ヶ月以内です。

そのため、契約期間やボトルの残量などを確認し、一番費用を抑えられる日を確認してから解約の申し込みをしましょう。

また、決定した日に返却できないと、再集荷料金がかかってしまうため注意が必要です。

ウォーターサーバーを返却する準備をする

返却日時が決まったら、ウォーターサーバーを返却する準備を進めていきます。

ウォーターサーバーの返却準備で行うのは水抜きと梱包で、どちらも難しい作業ではありませんが、初めての人からすると不明点が多いでしょう。

そこで、2つの作業を簡単に説明するので、チェックしてみてくださいね。

ウォーターサーバーの水抜き方法

ウォーターサーバーの水抜きは下記の手順で行います。

  1. ウォーターサーサーバーから冷水と温水を出し切る
  2. ウォーターサーバーからボトルを取り外す
  3. ウォーターサーバー本体のスイッチを切りコンセントを抜いて5時間放置する
  4. サーバーの背面にある排水キャップを外しタンク内の水を出し切る
  5. 排水キャップを締めて水抜き完了

注意しなければならないのは、電源を切って、コンセントを抜いた後に5時間ほど放置する点。

ある程度の時間放置しておかないと、水を排水する際に熱湯が出てくるため、やけどに繋がることも…

また、タンク内の水を排水する際は2Lくらいの水が出てくるため、溢れない様に大きめのバケツを使いましょう。

ウォーターサーバーを梱包する

タンク内の水を排水し終わったら、発送するためにウォーターサーバーを梱包していきます。

メーカーから梱包キットを送ってくれるケースもありますが、送ってくれない場合は自分でダンボールや緩衝材を購入し、梱包しなければなりません。

しっかりと梱包しないと、運ぶ際に衝撃などで破損や故障に繋がることも。

修理費などが発生しない様、丁寧にしっかりと梱包しましょう。

宅配業者にサーバーを渡す

ウォーターサーバーの梱包作業が終わったら、回収業者に手渡して解約作業終了です。

あらかじめ決めておいた回収日時にサーバーを返却できないと、再配達料金がかかり、無駄な費用が発生します。

無駄な出費を増やさないためにも、自分のスケジュールを管理し、都合が悪くならない様にしましょう。

解約後にサーバーを返却しないと28.000円かかるため注意!

解約をしたら、その後はサーバーを返却する必要があります。

サーバーの返却を怠ったり、返却しなかったりすると28.000円の費用が発生します。

かなり高額で無駄な費用が発生してしまうため、解約を決意したら早急にサーバーを返却しましょう。

アクアクララの評判とは?良い口コミ・悪い口コミからわかる人気の理由を紹介!

ジャパネットウォーターを解約している人のリアルな意見を紹介

これからジャパネットウォーターを解約しようとしている人は、既に解約している人がどのような理由で解約しているのか気になりますよね。

他の人が同じ様な不満や悩みが理由で解約していると、自分が解約する際の背中を押してくれます。

そこでここからはジャパネットウォーターを解約している人の理由を紹介していくので、チェックしてみて下さい。

サーバーのデザインがシンプル過ぎる

他社のサーバーを見てみると、デザイン性が高いものが多く、カラーバリエーションが非常に豊富。

中には、サーバーデザインをデザイナーに依頼しているメーカーも。

その点、ジャパネットウォーターのサーバーはデザインが非常にシンプルで、少し味気ないです。

ウォーターサーバーにデザイン性を求めている人には、あまりおすすめできないサーバーと言えます。

ボトル交換口が上についていて交換が面倒くさい

ジャパネットウォーターはボトルの差し込み口が上部にあり、重たいボトルを持ち上げて交換しなければなりません。

女性や高齢者からすると、ボトル交換の度にストレスを感じる人が多いようです。

ボトル取り付け口が下についており、簡単にボトル交換ができるサーバーもあるため、ジャパネットウォーターを解約して乗り換えています。

他社に比べて500円~1.000円以上電気代が高い

ジャパネットウォーターは電気代が高く、利用者の不満が集まっています。

サーバーごとの電気代は下記の通り。

床置タイプ 約1,847円
床置タイプ(エコモード時) 約1,296円
卓上タイプ 約1,404円
卓上タイプ(エコモード時) 約1,080円

一般的なウォーターサーバーの電気代が約1.000円なので、比較してもかなり高いです。

電気代が安いメーカーだと300円~500円程で済ませられるため、無駄な出費が発生します。

そのため、省エネモードを搭載している電気代が安いサーバーに乗り換える人が多いようです。

ウォーターサーバーは引越しを理由に解約する必要はない

引っ越しを理由にウォーターサーバーを解約する必要はありません。

引っ越しをする場合は、契約を結んでいるメーカーに問い合わせて、住所変更の手続きをすれば引越し先でも継続してサーバーを使えます。

無理に解約すると、解約金が発生するケースがあるので、引越しをする場合は住所変更の手続きを済ませておきましょう。

解約金がタダになるお得な解約方法

ジャパネットウォーターでは2年未満に解約すると14.080円の解約金が発生します。

他社で発生する解約金と比べて、あまり高くはありませんが、無駄な出費なので損した気持ちになりますよね。

そこでここからはジャパネットウォーターの解約金を無料にする裏技を紹介していくので、参考にしてみて下さい。

他社の乗り換えキャンペーンを活用する

ジャパネットウォーターの解約金を無料にする裏技は、他社の乗り換えキャンペーンを活用する方法です。

乗り換えキャンペーンでは、現金をキャッシュバックしてくれるため、違約金を支払わずに解約ができます。

無料で他社のサーバーに乗り換えられるのも嬉しいポイントですね。

現在、様々なメーカーが乗り換えキャンペーンを行っているため、色々と比較してお得なキャンペーンを受けられるようにしましょう。