フジサンウォーターの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

フジサンウォーターの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

富士山の天然水がお得に利用できるフジサンウォーター。

契約を検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、契約する上で電気代や月額費用の総額が気になりますよね。

また、ウォーターサーバーは種類が多いので、他社と比べてから決めたいという人も少なくないでしょう。

そんな人に向けて、今回はフジサンウォーターの電気代や月額費用について、他社と比較しながらご紹介していきます。

フジサンウォーターの電気代は月額約1000円

フジサンウォーターの電気代は月額約1,000円です。

他社ウォーターサーバーの電気代は月額300円~1,200円程度なので、フジサンウォーターの電気代は比較的高めです。

月々の固定費をなるべく抑えたい人にとって、少し利用しづらいでしょう。

フジサンウォーターの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

フジサンウォーターの電気代を他社メーカーと比較!

ここではフジサンウォーターと他社メーカーの電気代を比較していきます。

それぞれ比べて、ウォーターサーバーの電気代として、どれくらいが相場になるか確認してみましょう。

メーカー サーバー名 電気代
フジサンウォーター 約1000円
クールクー 約800円
ふじざくら命水 約800円
サントリー 南アルプス天然水サーバー 約700円
ダスキン 約600円
マーキュロップ 約500円
アクアマジック ロングタイプ 約800円
キララ ヌゥーボ(通常使用時) 約1.300円
ヌゥーボ(エコモード使用時) 約800円
ピュアハワイアンウォーター スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約600円
エフィールウォーター フロアータイプ 約1.647円
カウンタータイプ 約1.296円
アクアクララ アクアファブ 約800円
アクアスリム 約1.000円
アクアウィズ 約475円
アクアアドバンス 約350円
アクアセレクト ライフ 約680円
アクアセレクトサーバー 約750円
信濃湧水 スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約300円
コスモウォーター smartプラス 約465円
ECOTTO 約125円
プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー 約980円
amadanaスタンダードサーバー 約1.060円
Cado×プレミアムウォーター 通常時:約840円

エコモード時約670円

クリクラ サーバーL 約1.283円
ワンウェイウォーター smart 通常時:約494円

エコモード時;約436円

スタイリッシュサーバー 約688円
お掃除ロボット一体型サーバー 約744円
アルピナウォーター 床置きタイプ 約1.000円
フレシャス slat 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Slat+café 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Dewo 約330円(すべてのエコ機能稼働時

フジサンウォーターの電気代は他社と比較して高め

フジサンウォーターの電気代は、他社と比較して高めです。

月額約1,000円ということは、1年間利用する際の電気代は12,000円です。

ウォーターサーバーのみの電気代としては、固定費がかさみます。

シャインウォーターの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

省エネ機能が搭載されていない

フジサンウォーターの電気代が高い理由として、省エネ機能が搭載されていない点が挙げられます。

実際に、通常時の電気代が高めのウォーターサーバーには、エコモ―ドや省エネモードが搭載されていることが少なくありません。

ウォーターサーバーは基本的に常に電源を入れておくことで、衛生的な状態を保っています。

フジサンウォーターのサーバーには、省エネモードが搭載されていないことで電気代が高めとなっています。

フジサンウォーターで電気代以外にかかる費用の内訳

フジサンウォーターで、電気代以外にかかる費用の内訳は、以下の通りです。

  • 水代は12Lボトル2本で3180円(1本1590円)
  • 1ヶ月水の注文が無いと1000円のレンタル代が発生

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

水代は12Lボトル2本で3180円(1本1590円)

フジサンウォーターの水代は、12Lボトル2本で3180円(1本1590円)です。

ボトル代としては平均的な価格といえます。家族の人数ごとに利用本数の例は以下のようになっています。

1ヶ月のボトルご利用本数の目安
1人暮らし 1本~2本
夫婦 2本~3本
家族 2本~4本
大家族 2本~6本
オフィス 2本~15本

1本単位で注文すると1990円

フジサンウォーターでは、ボトルの注文を1本ごとに行うと、価格が1,990円(税込み)と少し割高になります。

一般的なウォーターサーバーでも多くの場合、セットでの購入がお得です。購入時はなるべくセットで購入するようにしましょう。

1ヶ月水の注文が無いと1000円のレンタル代が発生

1カ月の間水の注文がない場合、1,000円のレンタル代が発生します。

この価格はウォーターサーバー1台につき、1,000円かかるようになっています。

水の注文を1カ月で1本以上行えば、サーバーレンタル代は無料となります。

フジサンウォーターをおすすめする3つのポイント

フジサンウォーターをおすすめするポイントは以下の4つになります。

  • ボトルを1本から注文できる
  • ワンウェイボトルなので使い終わったらすぐに処分できる
  • ランニングコストが安い

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

ボトルを1本から注文できる

フジサンウォーターでは、ボトルを1本から注文可能です。

一般的なウォーターサーバーでは、2本セットなどがあり、単位ごとの注文のみの取り扱いとなっていることが多いです。

したがって、1本ごとに注文できるのは一人暮らしの人にとって、おすすめしやすい点のひとつとなっています。

ワンウェイボトルなので使い終わったらすぐに処分できる

フジサンウォーターのボトルはワンウェイボトルとなっています。

ツーウェイボトルといって、ボトルの水を使い終わったら、回収してもらうタイプのものも一般的です。

保管まで大きいボトルを家で保管する必要があるので、保管スペースが必要となるデメリットがあります。

しかし、ワンウェイボトルであれば、返却する必要がありません。そのままゴミ出しして終わりなので、処分が楽という点でもおすすめです。

ランニングコストが安い

フジサンウォーターはランニングコストが安いです。

月額にかかる総額としては、水を一本でも購入すればレンタル代がかからないので、固定費としては安くなります。

電気代のみを取り上げると価格は高めですが、月額料金の総額は比較的抑えることが可能です。

フジサンウォーターは電気代が高いものの月額料金は非常にお得!

今回は、フジサンウォーターの電気代や月額費用について、他社と比較しながらご紹介しました。

フジサンウォーターは電気代が高いものの、月額料金の総額としては非常にお得です。

ボトルも1本から注文可能で、ウォーターサーバーとして利用しやすくなっています。ぜひこの記事を参考に、フジサンウォーターの契約を検討してみてください。