ダスキンウォーターサーバーの解約金とは?解約の流れと解約金を無料にする裏技

ダスキンウォーターサーバーの解約金とは?解約の流れと解約金を無料にする裏技

現在、ダスキンのウォーターサーバーを契約している人の中には、解約を検討している人もいるでしょう。

使い続けていく中で必要性を感じなくなったり、別のウォーターサーバーに興味が湧いたりするのは当然です。

しかし、解約する際にどのように解約すればいいのか、解約金はいくらかかるのか、初めてウォーターサーバーを解約する人からすれば分からないことも多いでしょう。

そこでこの記事では、ダスキンウォータ-サーバーの解約方法や解約金を他社と比較していきます。

合わせて、解約金を無料にする裏技も紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ダスキンウォーターサーバーは1年未満の解約で5.000円かかる

ダスキンのウォーターサーバーは1年での契約です。

そのため、契約開始から1年以内に解約すると5.000円の違約金が発生します。

始めて解約する人からすると、5.000円が高いのか・安いのかよくわかりませんよね。

そこで、下記の項目で他社とダスキンの解約金を比較しているので、ぜひチェックしてみて下さい、

きららの評判とは?利用者のリアルな口コミをもとに特徴や評判を徹底解説

ダスキンと他社の解約金を比較

メーカー 解約金 詳細
ダスキン 5.000円 1年以内で解約した場合
ダイオーズ 3.000円~12.000円 3年未満で解約した場合
アクアマジック 15.000円 2年未満で解約した場合
アルピナウォーター  5.000円 1年未満で解約した場合
フレシャス 15.000円

9.000円

1年未満

1年以上2年未満

信濃湧水 10000円 1年未満(1年以上で解約金無料)
プレミアムウォーター 15.000円

10.000円

REMIUM3年パック3年以内の解約の場合

基本プランで2年以内の解約の場合

コスモウォーター  14000円 2年未満で解約した場合

ダスキンウォーターサーバーの解約方法は公式サイトに掲載されていない

解約方法は各メーカーによって異なり、公式サイトに掲載されているのが一般的です。

しかし、ダスキンのホームページを見てもウォーターサーバーの解約方法が記載されていないため、どの様に解約すれば良いのかよくわかりませんよね。

悩んでいる人は、毎月水を送ってくれている担当の営業所に確認するのが、一番手っ取り早いです。

電話で解約したい旨を伝えれば、担当のスタッフさんが対応してくれます。

ウォーターサーバーの解約手順

それではここから、ウォーターサーバーの解約手順を消化していきます。

一般的に解約手続きはメーカーによってあまり変わらないため、ダスキンに関しても同じように手続きを進めても問題ありません。

各手順をチェックしていきましょう。

問い合わせセンター電話で解約を申し込む

ウォーターサーバーを解約する決意が固まったら、問い合わせセンターに電話をするか、公式サイトからメールで解約の申し込みをします。

ダスキンの場合はメールでの問い合わせができないため、電話で解約の申し込みをしましょう。

解約の手続きを進めていく中で、ウォーターサーバーを返却する日にちも決めるため、あらかじめ自分の都合を確認しておきましょう。

サーバーの返却日時を決める際に気をつけるのは、使用していないボトルの残量。

ボトルが余っているにも関わらず、ウォーターサーバーを返却してしまうと、水が飲めなってしまい非常にもったいないです。

解約を申し込んだら1ヶ月以内にサーバーを返却する

サーバーの返却日時は電話で解約の申し込みをした日から1ヶ月以内が一般的です。

そのため、自分の契約期間やボトルの残量などを確認し、一番費用を抑えられる日を確認してから解約の申し込みをしましょう。

また、決定した日に返却できないと、再集荷料金がかかってしまうため注意が必要です。

ウォーターサーバーを返却する準備をする

返却日時が決まったら、ウォーターサーバーを返却する準備を進めていきます。

ウォーターサーバーの返却準備で行うのは、水抜きと梱包作業です。

始めて解約する人にとって、どの様にすればいいのか分からないと思うので、やり方を詳しく説明していきますね。

ウォーターサーバーの水抜き方法

ウォーターサーバーの水抜きは下記の手順で行います。

  1. ウォーターサーサーバーから冷水と温水を出し切る
  2. ウォーターサーバーからボトルを取り外す
  3. ウォーターサーバー本体のスイッチを切りコンセントを抜いて5時間放置する
  4. サーバーの背面にある排水キャップを外しタンク内の水を出し切る
  5. 排水キャップを締めて水抜き完了

あまり難しい作業はありませんが、注意するポイントはコンセントを抜いてから5時間放置する点。

ある程度の時間放置しておかないと、水抜きの際に熱湯が出てくるため、やけどをする恐れがありかなり危険です。

タンク内の水を排水する際は、2Lくらいの水が出てくるため、溢れない様に大きめのバケツを使いましょう。

ウォーターサーバーを梱包する

ウォーターサーバーの水抜きが終わったら、ウォーターサーバーを発送するための梱包作業を行います。

メーカーの方から梱包キットを送ってくれるケースもありますが、そうでない場合は自分で段ボールや緩衝材を用意しなればなりません。

しっかりと梱包しないと、運ぶ際に衝撃などで破損や故障に繋がることも。

修理費などが発生しない様、丁寧にしっかりと梱包しましょう。

宅配業者にサーバーを渡す

ウォーターサーバーの梱包作業が終わったら、回収業者に手渡して解約作業終了です。

あらかじめ決めておいた回収日時にサーバーを返却できないと、再配達料金がかかり、無駄な費用が発生します。

無駄な出費を増やさないためにも、自分のスケジュールを管理し、都合が悪くならない様にしましょう。

クリクラ使用者の口コミ一覧!特徴や人気の理由を徹底解説!

ダスキンウォーターサーバーを解約している人のリアルな意見を紹介

これからダスキンを解約しようとしている人は、実際にどのような理由で解約しているのか気になりますよね。

同じ様な不満や悩みが理由で解約していると、自分が解約する際の背中を押してくれます。

そこでここから、ダスキンを実際に解約している人の理由を紹介していきます。

ボトルの使い勝手が悪い

ダスキンでは、小さい段ボールケースの中に水パックが入っているバックインボックスを採用。

パックの中の水が無くなったら潰して捨てられるメリットがありますが、設置するときは配送時の段ボールをそのままサーバーの上に載せなければなりません。

また、段ボールで水パックの中の残量が見えないため、いつ交換すれば良いのかがよくわからないデメリットもあります。

サーバーのレンタル料金がかかる

ウォーターサーバー本体のレンタル料がかからないメーカーが多い中、ダスキンのサーバーは月額1.080円のレンタル料がかかります。

決して高額ではありませんが、1年単位で考えると10.800円とかなり高額に。

ほとんどの企業が無料貸し出ししている中で、1.080円もの費用がかかるのは大きなデメリットと言えます。

業者によるメンテナンスを実施していない

各メーカーによって年数は異なるものの、業者によるメンテナンスを行い、セルフメンテナンスだけでは取り除けない汚れを掃除してくれます。

そのため、ウォーターサーバーの衛生面を保つことができ、安心・安全のお水が楽しめます。

しかし、ダスキンはメンテナンスフリーなので、業者によるメンテナンスを行っていません。

水は毎日飲むものなので、不安を感じて解約する人が多くなっている様です。

ウォーターサーバーは引越しを理由に解約する必要はない

引っ越しを理由にウォーターサーバーを解約する必要はありません。

引っ越しをする場合は、契約を結んでいるメーカーに問い合わせて、住所変更の手続きをすれば引越し先でも継続してサーバーを使えます。

無理に解約すると、解約金が発生するケースがあるので、引越しをする場合は住所変更の手続きを済ませておきましょう。

解約金がタダになるお得な解約方法

ダスキンでは1年未満に解約すると5.000円の解約金が発生します。

他社で発生する解約金と比べて、あまり高くはありませんが、無駄な出費なので損した気持ちになりますよね。

そこでここからは、ダスキンの解約金を無料にする裏技を紹介していくので、参考にしてみて下さい。

他社の乗り換えキャンペーンを活用する

ダスキンの解約金を無料にする裏技は、他社の乗り換えキャンペーンを活用する方法です。

乗り換えキャンペーンでは、現金をキャッシュバックしてくれるため、違約金を支払わずに解約ができます。

無料で他社のサーバーに乗り換えられるのも嬉しいポイントですね。

現在、様々なメーカーが乗り換えキャンペーンを行っているため、色々と比較してお得なキャンペーンを受けられるようにしましょう。

ダスキンを解約する際は担当の営業所に電話を掛けよう

いかがでしたか?

ダスキンでは解約方法が記載されていないため、担当の営業所に電話で確認するしかありません。

営業所の番号は、使っているボトルに記載されているで、チェックしてみて下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。