ダイオーズウォーターサーバーの解約金とは?解約の流れと解約金を無料にする裏技

現在ダイオーズのウォーターサーバーを使っている人の中には、解約を考えている人も多いのではないでしょうか?

ダイオーズの公式ホームページを見ても、解約方法や解約料金の詳細が記載されていないため、どの様に解約すれば良いのか分かりません。

解約を決意したからには、スムーズに解約を進め、解約金がかからない様にしたいですよね。

そこでこの記事では、ダイオーズウォーターサーバーを解約する流れと解約金がいくらなのか紹介していきます。

合わせて、解約金を0円にする裏技も紹介するので、ぜひチェックしてみて下さいね。

ダイオーズウォーターサーバーは3年未満に解約すると違約金が発生する

ダイオーズの契約期間は3年なので、3年未満に解約すると違約金が発生します。

年数ごとに違約金の金額が異なるため、下記を参考にしてください。

期間 解約金
申し込み~1年未満 サーバーレンタル料3ヶ月分
1年以上~2年未満 サーバーレンタル料2か月分
2年以上~3年未満 サーバーレンタル料1ヶ月分
3年以上~無料 無料

サーバーのレンタル料は機種によって異なるものの、3.000円~4.000円程です。

そのため、申し込みから1年未満で解約をすると最大で約12.000円の違約金が発生し、2年以上の場合は4.000円程で済みます。

1年未満で解約する人はほとんどいないため、解約金はおおよそ10.000円かからない位です。

解約金の相場が分からない人からすると、高いのか・安いのかよくわかりませんよね。

そこで次の章から、他社の解約金とダイオーズの解約金を比較して紹介していきます。

ワンウェイウォーター使用者の口コミ一覧!サーバーの特徴や評判を徹底解説!

ダイオーズ他社の解約金を比較

 

メーカー 解約金 詳細
ダイオーズ 3.000円~12.000円 3年未満で解約した場合
アクアマジック 15.000円 2年未満で解約した場合
アルピナウォーター  5.000円 1年未満で解約した場合
フレシャス 15.000円

9.000円

1年未満

1年以上2年未満

信濃湧水 10000円 1年未満(1年以上で解約金無料)
プレミアムウォーター 15.000円

10.000円

REMIUM3年パック3年以内の解約の場合

基本プランで2年以内の解約の場合

コスモウォーター  14000円 2年未満で解約した場合

 

ダイオーズの解約方法は公開されていない

ウォーターサーバーは一般的に公式ホームページなどに解約方法が記載されています。

しかし、ダイオーズのウォーターサーバーは解約方法が記載されていないため、どの様に解約を進めていくのかが不明確です。

そのため、ダイオーズの解約方法を知りたい人は、下記の問い合わせフォームから電話をかけてみて下さい。

問い合わせフォーム 0120-02-3456

ウォーターサーバーの一般的な解約手順

ここからはウォーターサーバーの一般的な解約方法を紹介していきます。

これから先、ウォーターサーバーを解約する場面も多いと思うので、覚えておいて損はありません。

問い合わせセンター・公式ホームページから解約を申し込む

ウォーターサーバーを解約する決意が固まったら、問い合わせフォームに電話をするか、公式サイトからメールで解約の申し込みをします。

おすすめなのは電話で解約を申し込む方法。

メールでも解約の申し込みができますが、解約手続きを進めていく中で、サーバーの返却日日時を決める際に電話をかけなければなりません。

どちらにしても電話をかけなければならないのであれば、初めから電話で全ての手続きを済ませたほうが、無駄な手間がかからず簡単です。

解約の申し込みの電話でサーバーの返却も決めていくため、ボトルの残量や都合のいい日を決めておくようにしましょう。

解約を申し込んだら1ヶ月以内にサーバーを返却する

ウォーターサーバーの返却日時は、申し込みの電話をした日から1ヶ月以内です。

ボトルが余っている状態でサーバーを返却すると、残りのボトルが使えなくなってしまうため、計画的に解約日時を決めておきましょう。

また、決定した日時に返却出来ないと、再集荷料金がかかってしまうため注意が必要です。

ウォーターサーバーを返却する準備をする

返却日時が確定したら、サーバーの返却準備を進めていきます。

返却準備で行うのは、ウォーターサーバーの水抜きと梱包作業。

梱包作業をしたことがない人からすれば、どの様に行えばいいのか分からないと思うので、やり方を詳しく紹介していいます。

ウォーターサーバーの水抜き方法

ウォーターサーバーの水抜き方法は下記の手順で行います

  1. ウォーターサーサーバーから冷水と温水を出し切る
  2. ウォーターサーバーからボトルを取り外す
  3. ウォーターサーバー本体のスイッチを切りコンセントを抜いて5時間放置する
  4. サーバーの背面にある排水キャップを外しタンク内の水を出し切る
  5. 排水キャップを締めて水抜き完了

ウォーターサーバーを梱包する

水抜きが終わったら、ウォーターサーバーを発送するために梱包作業を行います、

メーカーの方から梱包キットを送ってくれるケースもありますが、そうでない場合は自分で段ボールや緩衝材を用意しなればなりません。

しっかりと梱包しないと、運ぶ際に衝撃などで破損や故障に繋がることも。

そのような状況に陥らない様、丁寧にしっかりと梱包しましょう。

宅配業者にサーバーを渡す

ウォーターサーバーの梱包作業が終了した後は、集荷日に配送業者に手渡して作業完了です。

しかし、集荷予定日に都合が悪くなりサーバーを返却できないと、再集荷量がかかってしまうことも。

無駄な出費を増やさないためにも、自分のスケジュールを把握しておきましょう。

ダイオーズを解約している人のリアルな意見を紹介

ダイオーズを解約している人は、どの様な理由を持っているのでしょうか?

実際にダイオーズを解約している人のリアル意見を基に、解約理由を紹介していきます。

知名度の高い有名なメーカーのサーバーを使いたい

ダイオーズは50年以上の歴史ある企業ですが、ウォーターサーバー業界での知名度はあまり高くありません。

知名度が低いメーカーに比べて、高いメーカーは搭載している機能やキャンペーンなどが多く、お得にウォーターサーバーを始められます。

そのため、知名度度の高いメーカーに乗り換えようとして解約している人が多いようです。

おしゃれでハイスペックなウォーターサーバーを使いたい

ダイオーズでは4種類のサーバーを取り扱っていますが、そのうち2つのサーバーはデザインが非常にシンプル。

機能面では高い性能を誇っていますが、デザイン性はあまり高くなく、デザイン性を重視している人からすれば物足りなく感じる様です。

他社メーカーのサーバーを見てみると、デザイン性が高くカラーバリエーションも豊富なため、好みに合わせてサーバーを選べます。

そのため、ダイオーズを解約して、デザイン性の高いおしゃれなサーバーに乗り換える人が多いようです。

口コミからわかるフレシャスの使用者満足度は?人気の理由とフレシャスの全てを紹介!

水があまり美味しくない

ダイオーズのウォーターサーバーを使っている人の中には、水があまり美味しくないと思っている人もいるようです。

美味しいお水を飲むためにウォーターサーバーを使っているにも関わらず、お水が美味しくないと使っている意味がありませんよね。

採水地や品質にこだわり抜いているメーカーがたくさんあるため、美味しい水が楽しめるサーバーに乗り換える人もいるようです。

しかし、水が美味しくないのは、ウォーターサーバーを使っている人に問題があるのが一般的。

正しい使い方ができていないため、水がまずいと感じてしまうのです。

ウォーターサーバーの水が変な味がする際の原因や改善策を下記で紹介しているので、合わせてチェックしてみて下さい。

ウォーターサーバーは引越しを理由に解約する必要はない

引っ越しを理由にウォーターサーバーを解約する必要はありません。

引っ越しをする場合は、契約を結んでいるメーカーに問い合わせて、住所変更の手続きをすれば引越し先でも継続してサーバーを使えます。

無理に解約すると、解約金が発生するケースがあるので、引越しをする場合は住所変更の手続きを済ませておきましょう。

ダイオーズの解約金がタダになるお得な解約方法

ダイオーズでは、3.000円~12.000円の解約金が発生します。

解約するだけでお金を支払わなければならないため、損した気持ちになりますよね。

そこでここからは、ダイオーズの解約金を無料にする裏技を紹介していくので、参考にしてみて下さい。

他社の乗り換えキャンペーンを活用する

ダイオーズの解約金を無料にする裏技は他社の乗り換えキャンペーンを活用する方法です。

乗り換えキャンペーンでは、現金をキャッシュバックしてくれるため、違約金を支払わずに解約ができます。

無料で他社のサーバーに乗り換えられるのも嬉しいポイントですね。

ダイオーズを解約する際は問い合わせフォームに電話を掛けよう

この記事でダイオーズの解約方法や解約金を紹介してきました。

解約金は年数によって異なるものの、3.000円~12.000円で、他社と比べても平均的と言えます。

しかし、解約方法に関しては公式サイトに記載されていないため、0120-02-3456に問い合わせて詳しい解約方法を聞きましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。