ユニマットウォーターサーバーの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

ユニマットウォーターサーバーの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

モンドセレクション金賞受賞の水を楽しめるユニマットウォーターサーバー。契約を検討している人も、多いのではないでしょうか。

実際に契約するとなると電気代や、月額費用の総額がどれくらいかかるか心配ですよね。

毎月の固定費を把握しておかないと、思ったより毎月高額な料金を払い続けることとなる可能性もあります。

そこで今回は、ユニマットウォーターサーバーの電気代や月額費用について、他社と比較して徹底解説します。

ユニマットのウォーターサーバー口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

ユニマットの電気代は月額約1160円

ユニマットのウォーターサーバーでかかる電気代は、1日2L利用した場合で月額約1,160円です。

一般的なウォーターサーバーの電気代は、月額300円~1,200円程度となります。

ユニマットで毎月かかる電気代は比較的高めです。

ウォーターサーバーの電気代は月々いくら?人気メーカー10社で比較!

省エネ機能を利用すれば電気代を約1000円に抑えられる!

ユニマットのウォーターサーバーには、電力消費を抑えられる省エネモードが搭載されています。

省エネモードを利用することで、月々の電気代は約1,000円に抑えることが可能です。

省エネモードを利用すると、1年間にかかる電気代は1,920円節約することができるので、毎月の固定費を抑えたい人に嬉しい機能となっています。

ユニマットの電気代を他社メーカーと比較!

ここではユニマットと他社メーカーの電気代を比較していきます。

それぞれ比べて、ウォーターサーバーの電気代として、どれくらいが相場になるか確認してみましょう。

メーカー サーバー名 電気代
ユニマット 約1160円
キララ ヌゥーボ(通常使用時) 約1.300円
ヌゥーボ(エコモード使用時) 約800円
ピュアハワイアンウォーター スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約600円
エフィールウォーター フロアータイプ 約1.647円
カウンタータイプ 約1.296円
アクアクララ アクアファブ 約800円
アクアスリム 約1.000円
アクアウィズ 約475円
アクアアドバンス 約350円
アクアセレクト ライフ 約680円
アクアセレクトサーバー 約750円
信濃湧水 スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約300円
コスモウォーター smartプラス 約465円
ECOTTO 約125円
プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー 約980円
amadanaスタンダードサーバー 約1.060円
Cado×プレミアムウォーター 通常時:約840円

エコモード時約670円

クリクラ サーバーL 約1.283円
ワンウェイウォーター smart 通常時:約494円

エコモード時;約436円

スタイリッシュサーバー 約688円
お掃除ロボット一体型サーバー 約744円
アルピナウォーター 床置きタイプ 約1.000円
フレシャス slat 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Slat+café 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Dewo 約330円(すべてのエコ機能稼働時

ユニマットの電気代は他社と比較して平均的

ユニマットの電気代は、他社の電気代と比較して平均的です。

通常運転では年間約13,920円の電気代がかかりますが、省エネモードを利用することで、年間約12,000円まで抑えることができます。

ユニマットの電気代は、通常運転では高めと感じるかもしれませんが、省エネモードを利用することで改善が可能です。

ユニマットで電気代以外にかかる費用の内訳

ユニマットのウォーターサーバーでかかる電気代以外の費用は、水代のみとなります。

他社のウォーターサーバーでは、水代以外に様々な費用が発生するのがほとんどです。

次項から、詳しくご説明していきます。

水代

ユニマットの水代は、以下のとおりです。

プラン名 月額料金
BOXプラン(10L×2箱1セット) 2,600円〜2,800円
ボトルプラン(8L×3本セット) 3,400円〜3,600円

上記のようにユニマットの水代は、ウォーターサーバーでかかる水代としては平均的です。

しかし、ユニマットでは「サーバーレンタル料」「初期費用」「配送料」「メンテナンス料」が無料となっています。

毎月発生する固定費の総額としては利用しやすい価格です。

ユニマットをおすすめする3つのポイント

ユニマットをおすすめする主なポイントは、以下の3点です。

  • モンドセレクション金賞を受賞している
  • 4段階の温度調整可能
  • 卓上に設置できるコンパクトサイズも展開している

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

モンドセレクション金賞を受賞している

ユニマットの宅配水(ボトルプラン)は、国際的な品質基準であるモンドセレクションにて金賞を受賞しています。

モンドセレクションは1961年から、消費生活製品を評価し、品質に応じて銅、銀、金など優秀品質賞を授与しているものです。

数あるウォーターサーバーの中でも品質が高い水が楽しめる点でも、ユニマットはおすすめです。

4段階の温度調整可能

ユニマットのウォーターサーバーは、4段階の温度調整可能です。

他社のウォーターサーバーは、多くても3段階の温度調整となっているため、ユニマットのウォーターサーバーはより細かく温度調節ができます。

4段階温度調整の他にも、省エネモードで電気代を節約し、チャイルドロック、クリーニング機能も搭載しています。

ウォーターサーバーとして、高性能なものが利用できる点でもユニマットはおすすめです。

卓上に設置できるコンパクトサイズも展開している

ユニマットのウォーターサーバーには、卓上に設置できるコンパクトサイズもあります。

卓上型があることで、設置場所に幅が広がるので便利になっています。

レンタル料も無料なので、ご家庭の利用方法にあったものを選択することが可能です。

ユニマットウォーターサーバーは電気代・月額料金ともにリーズナブル

今回は、ユニマットウォーターサーバーの電気代や月額費用について、他社と比較して徹底解説してきました。

ユニマットのウォーターサーバーにかかる電気代は比較的高めですが、省エネモードで電気代を節約することが可能です。

また、電気代の他にかかる料金は水代のみとなるので、毎月かかる固定費としてはお得になっています。

ぜひこの記事を参考に、ユニマットウォーターサーバーの契約を検討してみてください。

ユニマットウォーターサーバーの解約方法とは?解約金と解約の流れを解説