高齢者向けのおすすめのウォーターサーバ-ランキング7選!選び方と活用するメリットを徹底解説!

高齢者向けのおすすめのウォーターサーバ-ランキング7選|選び方と注意点を解説!

※本ページにはPRが含まれます。

「健康のために水分補給する習慣をつけて摂取する良を増やしたい」
「高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際のポイントとは?」

近年の異常気象などで夏の間の温度が異常に上がり、熱中症対策のために、高齢者の人でウォーターサーバーを導入している人が多くなってきました。

ウォーターサーバーがあれば夏の熱中症対策になるのはもちろん、日常的に水を飲む習慣ができ健康促進に効果的です。

しかし、ウォーターサーバーによっては高齢者に向き・不向きの機種があるため、特徴を理解しておかないとミスマッチに繋がることも。

この記事では、高齢者向けのウォーターサーバーランキング形式で紹介し、選ぶ際のポイントを紹介していきます。

高齢の方の利用におすすめ プレミアムウォーター
プレミアムウォーター-バナー
総合評価
5.00
「健康のために水分補給する習慣をつけて摂取する良を増やしたい」 「高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際のポイントとは?」

近年の異常気象などで夏の間の温度が異常に上がり、熱中症対策のために、高齢者の人でウォーターサーバーを導入している人が多くなってきました。

ウォーターサーバーがあれば夏の熱中症対策になるのはもちろん、日常的に水を飲む習慣ができ健康促進に効果的です。

しかし、ウォーターサーバーによっては高齢者に向き・不向きの機種があるため、特徴を理解しておかないとミスマッチに繋がることも。

この記事では、高齢者向けのウォーターサーバーランキング形式で紹介し、選ぶ際のポイントを紹介していきます。

高齢の方の利用におすすめ プレミアムウォーター
プレミアムウォーター-バナー
「健康のために水分補給する習慣をつけて摂取する良を増やしたい」 「高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際のポイントとは?」

近年の異常気象などで夏の間の温度が異常に上がり、熱中症対策のために、高齢者の人でウォーターサーバーを導入している人が多くなってきました。

ウォーターサーバーがあれば夏の熱中症対策になるのはもちろん、日常的に水を飲む習慣ができ健康促進に効果的です。

しかし、ウォーターサーバーによっては高齢者に向き・不向きの機種があるため、特徴を理解しておかないとミスマッチに繋がることも。

この記事では、高齢者向けのウォーターサーバーランキング形式で紹介し、選ぶ際のポイントを紹介していきます。

高齢の方の利用におすすめ プレミアムウォーター
プレミアムウォーター-バナー
「健康のために水分補給する習慣をつけて摂取する良を増やしたい」 「高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際のポイントとは?」

近年の異常気象などで夏の間の温度が異常に上がり、熱中症対策のために、高齢者の人でウォーターサーバーを導入している人が多くなってきました。

ウォーターサーバーがあれば夏の熱中症対策になるのはもちろん、日常的に水を飲む習慣ができ健康促進に効果的です。

しかし、ウォーターサーバーによっては高齢者に向き・不向きの機種があるため、特徴を理解しておかないとミスマッチに繋がることも。

この記事では、高齢者向けのウォーターサーバーランキング形式で紹介し、選ぶ際のポイントを紹介していきます。

高齢の方の利用におすすめ プレミアムウォーター
プレミアムウォーター-バナー
総合評価
5.0
月額費用 3,542円(税込)~
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨て(ワンウェイ方式)
配送地域 全国対応 ※離島を除く

特長

  • 非加熱製法にこだわりぬいた天然水
  • サーバーのデザイン性も高い!

キャンペーン情報

  • 【当サイト限定】ギフト券2,500円分プレゼント
  • 他社からの乗り換えで16,500円キャッシュバック

高齢者におすすめのウォーターサーバーランキング

メーカー/機種 ボトル交換の位置 ボトル容量
(1本あたり)
ボトルの種類 常温水の有無 月額費用(税込)
プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ 上置き 7L ビニールパック あり 3,542円
フレシャス/デュオミニ 上置き 4.7L ビニールパック なし 4,546円
コスモウォーター/スマートプラス 下置き 12L ワンウェイボトル あり 4,140円
ウォータースタンド/ナノラピアネオ あり 3,850円
クリクラ 上置き 12L・5.8L リターナブルボトル なし 2,920円
サントリー天然水ウォーターサーバー 中間 12L ワンウェイボトル あり 4,050円
ワンウェイウォーター/Acro 上置き 12L ワンウェイボトル なし 4,104円

第1位:プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーターのスリムサーバーⅢは、卓上に設置できるコンパクトなサイズのウォーターサーバーです。

ボトル容量が7Lとコンパクトで、高齢者でも簡単にボトル交換ができる軽量ボトルを採用しており、日常生活の負担を軽減できます。

ウォーターサーバーの初回設置もメーカーの業者が行ってくれるため、とても安心です。

他社と比べて最低利用料金が抑えられているので、そこまで大量に水を消費しないという高齢の方にもピッタリ。

扱いやすさとコストの両方のバランスがいいウォーターサーバーと言えますね。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 30㎝×36cm×77cm
重量 15㎏
ボトル交換位置 上部
ボトルの重量 7.2L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー プレミアムブラック/ピュアホワイト/ベビーピンク/プラチナシルバー

第2位:フレシャス/デュオミニ

フレシャスデュオミニは、名前の通りコンパクトなサイズ感で机や棚の上に設置できるサイズ感が特徴です。

デュオミニではビニールパックを採用しており、内容量も4.7Lと非常に軽量なので、簡単に交換でき使い勝手が良いです。

高齢者の方でも簡単に交換ができ、使用後は小さく折り畳んで処分できるのも嬉しいポイント。

また、消音機能が搭載されているため、寝室に置いて使用できます。

レンタル料(月額) 〇初月は0円
〇前月に水を3箱以上購入で0円、3箱未満は550円(税込)
サイズ(幅×奥×高さ) 横25cm×奥行29.5cm×高さ47cm
重量 7.3kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの容量 4.7L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー メタリックブラック
カッパーブラウン
スカイグレー

第3位:フレシャス/サイフォンプラス

サイフォンプラス

フレシャスサイフォンプラスはフレシャスがリリースしている、パック交換型のウォーターサーバーです。

上部に軽量パックを挿入する扉がついており、毎月配送されてくるパックを挿入するシステムで利用できます。

雑誌1冊分のスペースがあれば設置できるので、設置スペースが狭い家庭でも安心です。

ボトルよりも持ちやすく軽量化されているので、高齢者のいる家庭でも高感が楽に進みます。

UV-LED殺菌なので、衛生面も安心です。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) ロングタイプ-幅:300mm/奥行:340mm/
高さ:1,225mmショートタイプ-幅:300mm/奥行:340mm/
高さ:775mm
重量 ロングタイプ:18.1kg
ショートタイプ:15.1kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの容量 ロングタイプ:冷水=3.8L/温水1.8L
ショートタイプ:冷水=3.8L/温水1.3L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー クールホワイト

ショコラブラウン

クールブラック

シャイニーホワイト

パールピンク

ミルキーベージュ

第4位:フレシャス/スラット

フレシャス スラット

フレシャススラットはボトルを足元に収納できるタイプのウォーターサーバーです。

給水口は高く設定されているので、水をくむ際にかがむ必要がありません。

ワイドトレーには鍋を置くこともできるので、料理の際にも活用できます。

静音設計で作られており、夜間でも静かに稼働できます。

デザインはいたってシンプルで、白と黒の2色展開。

グッドデザイン賞やキッズデザインアワードの受賞経歴もありますので、デザイン性も高い評価を受けています。

温度機能も豊富で、料理に活用出来る高温水モードや薬を飲むときにうれしい常温水モードもあります。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) 幅:290mm / 奥行:350mm / 高さ:1,110mm
重量 24kg
ボトル交換位置 下部
ボトルの容量 冷水=1.5L / 温水=1.5L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー

第5位:コスモウォーター/スマートプラス

コスモウォーターのスマートプラスは、ボトル下置きタイプなので、ボトルを交換する際の負担を最小限に抑えられます。

使用されている天然水も、水のアカデミー賞・モンドセレクションの名誉ある賞を2つ受賞しています。

サーバーに関しても、デザイン性や性能が評価されグットデザイン賞を受賞しており、あらゆる面でハイスペックなウォーターサーバーです。

サポート面も「お客様サービスセンター」「マイページ」「コスモウォーター安心サービス」3つの安心サポートがあり、トラブルなどが起きても安心です。

レンタル料(月額) 0円(カラーによって有料)
サイズ(幅×奥×高さ) 30cm×34cm×114cm
重量 20㎏
ボトル交換位置 下置き
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト/ピンク/ブラック/ウッド/ライトウッド

第6位:ウォータースタンド/ナノシリーズ・ネオ

ウォータースタンドは、通常のサーバーとは異なり、水道に繋げて使用する水道直結型のウォーターサーバーです。

水道水を使用するため、面倒なボトル交換の手間を省け、ボトルを受け取る必要もなくなります。

通常のウォーターサーバーと同じように冷水・温水が使えて、もちろん常温水もしようできるため、浄水器とは全く異なります。

月額料金も定額制なので、水をどれだけ使っても使用料に関わらず料金は変わらないため、料理にきれいな水を使いたい・水の使用量が多い家庭にもおすすめ。

サーバーのサイズも床置き型と比べてコンパクトな作りなので、設置スペースを最小限に抑えられます。

レンタル料(月額) 3,850円
サイズ(幅×奥×高さ) 26cm×50.5cm×50cm
重量 18kg
ボトル交換位置
ボトルの重量
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト

第7位:ウォータースタンド/アイコン

ウォータースタンド ナノシリーズ・アイコン

ウォータースタンドのナノシリーズ・アイコンは、特にコンパクトなサイズ感で人気を集めるウォーターサーバーです。

重さも約7㎏と非常に軽量化されており、家具の移動の時も楽ちんです。

水道直結型のウォーターサーバーなので、いちいちボトルを交換する手間もありません。

冷水や温水はもちろんのこと、薬を飲むときに役立つ常温水も抽出できます。

常温水は電気代のコストカットもできるので、電気代を安く済ませたい家庭にもおすすめです。

設置時にスタッフが最適な設置場所を提案してくれるので、使いやすい設置場所や、安全な場所に設置できます。

レンタル料(月額) 4,400円
サイズ(幅×奥×高さ) W180 × D340× H385mm
重量 7.6kg
ボトル交換位置
ボトルの重量
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

第8位:クリクラ

クリクラ

クリクラは初回に発生するサーバーの設置~ボトルの装着まで全ての作業を専任のスタッフさんがおこなってくれます。

重たいウォーターサーバーを移動させたり、ボトルを設置したりする必要が無いので、高齢の方でも問題なくウォーターサーバーを利用できます。

また、クリクラは解約金が一切かからないのも特徴で、解約金に縛られずに自由度が高いので手軽に活用可能です。

通常サイズのボトルに加えて、軽量ボトルも用意されているので、足腰に問題がある方でも問題ありません!

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 30.5cm×35cm×99cm
重量 16kg
ボトル交換位置 サーバー上部
ボトルの重量 12L・5.8L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

第9位:ワンウェイウォーター/Acro

ワンウェイウォーターのAcroは、ウォーターサーバーに自動掃除ロボットン機能を搭載しており1台で2役をこなします。

自ら掃除をしなくても勝手に掃除してくれるため、日常生活の負担を軽減できます。

また、ウォーターサーバーと掃除機2つの機能が付いても、レンタル料は0円。とてもお得でコスパが良いウォーターサーバーと言えます。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) 30cm×30cm×102cm
重量 16kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり

第10位:サントリー天然水ウォーターサーバー

誰もが一度は飲んだことのある、南アルプスの天然水が楽しめるサントリー天然水ウォーターサーバー。

ボトルの設置場所は、サーバーの下でも上でもなく、胸の高さなのが特徴です。

ボトルも差し込んでレバーを回すだけなので、力に自信のない高齢者の方でも簡単に交換できます。

また、ボトル容量7.8Lと軽量化されているため、使い勝手の面でも問題ありません。

4段階の温度調整機能も搭載しており。温水2段階・冷水2段階で調整できるため、使用用途に合わせて幅広く温度調整ができます。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 37cm×45cm×124cm
重量 26kg
ボトル交換位置 サーバーの中間
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際の9つのポイント

水素水は美容に効果的!効果的な使い方と飲むタイミングを紹介!

高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際には、大きく9つのポイントがあります。

  • ボトル交換が簡単にできるか
  • 常温水を使えるか
  • ウォーターサーバーの設置を行ってくれるか
  • サポート体制が整っているか
  • 問い合わせ方法が分かりやすいか
  • 口座振替や代金引き換えができるか
  • 操作や設定がシンプル
  • サーバーの掃除・メンテナンスサポートはあるか
  • 水の配送と注文ノルマ

ポイントを理解していない状況で契約まで進んでしまうと、使い始めてから後悔することも。

後悔なく快適に使用できるように、選ぶ際のポイントを理解しておきましょう。

ボトル交換が簡単にできるか

まず一つ目は、ボトル交換が簡単にできるかという点。

毎回重いボトルの交換をすると身体に負担がかかり、腰を痛めてしまうおそれもあります

ボトル交換が楽なウォーターサーバーの特徴は、ボトルが軽量・ボトルが下置きの2つです。

ボトルが軽量

ウォーターサーバーで使われているボトルは、12Lが一般的で重さにすると12㎏もあるあため持ち上げて交換するのが非常に大変です。

そのため、ボトルの容量が少ない軽量ボトルを選び、なるべく簡単にボトル交換ができる様にしましょう。

特に高齢者の場合は、足腰が弱くなっているケースが多く、重たいものを持ち上げると大きなケガに繋がってしまいます。

ボトルが下置き

ウォーターサーバーはボトル取り付け口が上部についているものが一般的で、ボトルを持ち上げて交換するのが大変です。

しかし、足元部分にセットできる下置きボトルを採用しているサーバーもあります。

下置きボトルであればボトルを持ち上げて交換する必要が無く、スムーズにボトル交換ができます。

常温水を使えるか

高齢の方の中には、良く冷えた水よりも常温水の方が飲みやすいという人が多いため、常温水が使えるかチェックしておきましょう。

薬を服用する際などに、常温水を使えば胃への負担を軽減できます。

冷たい水を飲み過ぎてしまうと、体を冷やしてしまう原因にもなってしまうため、常温水が使えるウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーの設置を行ってくれるか

ウォーターサーバーは重さが20㎏前後あるため、持ち上げて移動させるのがとても大変です。

特に設置作業を自分で行わなければならない場合、玄関から設置スペース迄運ばなければなりません。

メーカーによっては、ウォーターサーバーの配送から設置まで全ておこなってくれるメーカーもあります。

申し込みする際には、なるべくサーバーの設置まで行ってくれるメーカーを選びましょう。

サポート体制が整っているか

初めてウォーターサーバーを使用する人にとって、「使い方が分からない」「故障したかも」などのトラブルが起きるケースも考えられます。

そんな時に専門のスタッフや相談できるカスタマーセンタ―、故障時に対応してくれるサポートが付いていれば安心ですよね、

万が一に備えて、トラブル時のサポート体制が整っているか確認しておきましょう。

問い合わせ方法が分かりやすいか

ウォーターサーバーに関して困ったことがあった時に、メーカーに問い合わせる方法はいくつかあります。

メールやウェブサイト、マイページから問い合わせができるメーカーは多いですが、高齢の方にとっては扱いづらく問い合わせのハードルが高くなってしまいます。

できれば電話での問い合わせができるメーカーを選んだ方が、トラブルがあった時に安心ですよ。

口座振替や代金引き換えができるか

ウォーターサーバーの料金の支払いにはクレジットカードを設定しなければいけない場合が多いです。

高齢の方の中には、そもそもクレジットカードを持っていないという方もいるでしょう。

その場合は、利用料金の支払いに口座振替や代金引換を選択できるかどうかを、あらかじめ確認しておく必要がありますよ。

操作や設定がシンプル

高齢の方が使うウォーターサーバーは、たくさんの機能がついているものよりも、シンプルで簡単に操作できるものがおすすめです。

ウォーターサーバーの中にはコーヒー機能がついていたり、炭酸水を出せる機種などがあります。

ただ、多くの機能がついた機種は操作も複雑になり、高齢の方には扱いにくくなる可能性があります。

「念のため色々できる機種を選んでおこう」と考えるのではなく「できるだけ無駄な機能が付いてないものを選ぼう」というスタンスで機種を決めるのがおすすめです。

また、シンプルな機種の方がランニングコストも抑えられていることが多いので、無駄な出費をしなくて済みますよ。

サーバーの掃除・メンテナンスサポートはあるか

ウォーターサーバーは定期的な掃除やメンテナンスが必要です。

定期的なメンテナンスサポートを提供しているメーカーもあります。

ほかにも、自動洗浄機能を備えているサーバーもあるので有効利用してください。

サーバー本体のメンテナンスは、安全で清潔な水を楽しむために必須と考えられます。

定期的な清掃と消毒をすることで、細菌やカビの発生を防ぎ、高い安全性が保てるでしょう

内部の洗浄やフィルターの交換などは、メーカーに依頼して適切なメンテナンスを行ってください。

メンテナンスをすればサーバーの性能を最大限に活かし、故障のリスクを減らせます。

水の配送と注文ノルマ

配送タイミングの調節を自分でできるウォーターサーバーもあります。

ただし、配送の回数やボトル本数は各社のサービスにより異なるので注意してください。

ウォーターサーバーの配送は、契約者の生活スタイルに合ったプランを選ぶことが大切です。

ほかにも、一部のウォーターサーバーでは、注文ノルマが決まっていることがあります。

タイミングがずれると水ボトルがたまってしまう原因になりかねません。

契約前にウォーターサーバーの注文ノルマを確認し、高齢者も使いやすいか検討しましょう。

高齢者がウォーターサーバーを使用すると様々なメリットが!

女性 指をさす オススメ

高齢者がウォーターサーバーを使用するとあらゆるメリットがあります。

  • 重たい水を買いに行く手間が省ける
  • 水を飲む習慣ができ摂取する水分量が増える
  • 脱水症状や熱中症を防げる
  • 生活の負担が少なくなる
  • 定期配送が安否確認にもなる
  • お湯を沸かさずに済む

重たい水を買いに行く手間が省ける

スーパーやコンビニで水を買うと、重たくかさばってしまうため、かなり負担になってしまいます。

しかし、ウォーターサーバーにすればボトルを配送してくれるため、わざわざ買いに行く負担を軽減できます。

買い物の際に手荷物が少なくなるため、買い的に生活できます。

水を飲む習慣ができ摂取する水分量が増える

ウォーターサーバーを使用すれば、水が自動的に配送されてくるため、自然と摂取する水分量が多くなります。

年齢を重ねるごとに体の水分調整機能が衰えてしまうため、適度な水分補給は非常に大切です。

いつでも新鮮で美味しい水を飲める環境に身を置けば、水の摂取量が多くなり。健康促進ン効果も期待できます。

脱水症状や熱中症を防げる

気温が上がる夏場は高齢者の熱中症や脱水症状が多くなり、深刻な状況に陥ってしまうケースもあります。

毎年熱中症によってかなりの高齢者が病院に搬送されているため、軽視できない大きな問題です。

熱中症を回避する方法はいくつかありますが、最も効果的な方法は、こまめな水分補給です、

ウォーターサーバ―があれば、熱中症になるリスクを回避でき、大きな事故を防ぐことができます。

大きな事故を防ぐためにも、ウォーターサーバーを活用して、水分摂取量を増やしましょう。

生活の負担が少なくなる

ウォーターサーバーがあれば、お湯を沸かす手間や冷蔵庫にペットボトルを入れておくスペースなどの削減ができます。

面倒な手間が色々と削減できるため、生活上の負担が無くなり、快適に生活ができます。

ウォーターサーバーが一台あるだけで快適に生活できるので、高齢者の暮らしを豊かにしてくれます。

安否確認にもつながる

ウォーターサーバーは毎月数回、配送員さんが自宅まで水を配送してくれます。

高齢の方だけで生活している場合、万が一のことがあった時に誰にも気づかれないというリスクもありますが、定期的に配送してくれて両親の安否確認にもつながります

お湯を沸かさずに済む

ウォーターサーバーを導入することによって、お湯を沸かさずに済むメリットもあります。

お湯を沸かすとなるとコンロを使用しなければなりませんが、中にはスイッチをつけたまま放置してしまう人もいます。

火災の原因にもなりかねませんので、火元を使わずに水を使用できるのは安全上のメリットが大きいのです。

またガスコンロが原因でやけどを負ってしまう人もいますから、けが防止にもつながります。

高齢者が1日に必要な水分摂取量

厚生労働省は、1日に摂取すべき水分量は「その必要性を性・年齢・身体活動レベル別に算定するための根拠は、未だに十分には整っていない」としています。

一方、環境省の「熱中症環境保健マニュアル2018」によると、日常生活で摂取する水分のうち、飲み物から摂取すべき量は、1日あたりおよそ1.2 Lを目安としています。

年齢や活動量、持病の有無などによっても必要な水分量は変わってきます。

そのため明確な水分量を算出することは難しいですが、日々の水分補給があまりに少なくないかを確認するための目安としてみましょう。

さらに具体的な水分量を知りたい方は、かかりつけ医などに相談してみると良いでしょう。

高齢者が安全にウォーターサーバーを使用する方法

高齢者がウォーターサーバーを使うときは、安全性を高める工夫が必要です。

トラブルや事故を防ぐために以下のポイントに注意しましょう。

  • キッチン・リビングに設置する
  • お湯と冷水がわかるように工夫する
  • 転倒しないように設置する

キッチン・リビングに設置する

ウォーターサーバーの設置場所は、日常的に使いやすいキッチンやリビングをおすすめします。

キッチンやリビングに置けば、水分補給や調理するときに余計な手間がかかりません。

移動することなく、清潔な水を利用できるでしょう。

ほかにも、台所やリビングに設置することで、家族や介護者も管理しやすくなります。

減った水の量や代理のボトル交換も楽に行えますね。

高齢者の水分補給が足りないことで起こる健康リスクを防げるでしょう。

お湯と冷水がわかるように工夫する

お湯と冷水の操作ボタンに目立つシールを貼ったり、色付きのテープで区別しましょう。

対策をすることで、間違ってお湯を出すといったサーバーの誤操作を防げます。

とくに高齢者がいる場合が、安全に使うためにも事故防止の工夫は必要です。

ウォーターサーバーの操作パネルは、冷水とお湯を明確に区別できるようにデザインされています。

しかし、高齢者は、視力が低下していたり色覚に問題があったりするので注意しましょう。

お湯と冷水がわかるように、家庭でも安全対策をしてください。

転倒しないように設置する

高齢者がいる家庭では、ウォーターサーバーに転倒防止グッズを活用しましょう。

ウォーターサーバーは、水ボトルが取り付けられている状態ではかなりの重さになります。

そのため、サーバー本体が転倒したときのトラブルや事故を予防する工夫が必要です。

安全な使用のために、ウォーターサーバーを安定した場所にしっかりと設置してください。

家具に使用する固定グッズを使えば、転倒するリスクを最小限に抑えられるでしょう。

くわえて、モーターサーバーに設置するボトルの取り扱いにも注意が必要です。

重いボトルを必要以上に積み重ねると、事故の原因になります。

ボトルは高齢者が交換するときの危険性を考えて、適切に保存してください。

高齢者向けのウォーターサーバー契約でよくあるQ&A

高齢者向けに、ウォーターサーバー契約にかかわる注意点をまとめました。

契約する前に手続きに関わることや、利用するときの注意点を確認しましょう。

ウォーターサーバーの申し込みや使い方に迷ったら、メーカーのカスタマーセンターに相談することが重要です。

高齢者も使いやすい水ボトルのサイズを把握して、サーバー本体の使い勝手が良いものを選んでください。

インターネット以外からでも契約できるか

ウォーターサーバーはほとんどのメーカーでインターネット以外からでも契約できるシステムが整っています。

カスタマーサービスへの電話連絡で契約できるウォーターサーバーもあるので、有効利用しましょう。

スマートフォンやパソコンの操作に慣れていない人も、電話で相談ができるので困りませんね。

水ボトルの注文だけでなく解約やメンテナンスで困ったときも、電話で連絡できるシステムは便利です。

本人以外が手続きすることはできるか

ウォーターサーバーは、本人による契約が原則です。

ただし、契約自体は子供が行い、ウォーターサーバーを設置する場所は親の家にするといった方法が可能です。

そのほかに、家族間なら主契約のほかに副契約を設定できるウォーターサーバーもあるので、チェックしましょう。

家族間で複数のウォーターサーバーを契約する場合、お得なプランが適用されるメーカーもあります。

高齢者の親族に安心してウォーターサーバーを使ってもらうためにも、契約について確認してください。

不明なことや質問がある場合は、ウォーターサーバーのコールセンターに相談しましょう。

高齢者がウォーターサーバーを利用するときの注意点は?

高齢者がウォーターサーバーを利用するときの注意点をまとめました。

  • 電話でサポートが受けられるウォーターサーバーを選ぶ
  • サーバー設置サービスの有無を確認する
  • 水ボトルの交換が楽にできるサーバーを選ぶ
  • 宅配業者の定期配送サービスを有効活用する
  • 休止プラン・配送スキップがあるウォーターサーバーを選ぶ
  • 操作方法が分かりやすいウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの毎月のコストのほかに電気代がかかることも考えて、いくつかのプランを検討することが重要です。

複数のウォーターサーバーメーカーを比較して、高齢者の生活に合った使いやすいサービスがあるものを選びましょう。

ウォーターサーバーを使用して快適な生活を送ろう

高齢者向けウォーターサーバーの特徴は

  • ボトル交換しやすい
  • 常温水機能を搭載している
  • 設置サービスがある

また、高齢者の家庭にウォーターサーバーを導入すれば多くのメリットがあります。

  • 水を飲む習慣ができ摂取量が多くなる
  • 熱中症対策になる
  • 生活上の負担が少なくなる

ウォーターサーバーをうまく生活に取り入れ、毎日を取り快適にするために活用してみましょう。
[/rate]

月額費用 3,542円(税込)~
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨て(ワンウェイ方式)
配送地域 全国対応 ※離島を除く

特長

  • 非加熱製法にこだわりぬいた天然水
  • サーバーのデザイン性も高い!

キャンペーン情報

  • 【当サイト限定】ギフト券2,500円分プレゼント
  • 他社からの乗り換えで16,500円キャッシュバック

高齢者におすすめのウォーターサーバーランキング

メーカー/機種 ボトル交換の位置 ボトル容量
(1本あたり)
ボトルの種類 常温水の有無 月額費用(税込)
プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ 上置き 7L ビニールパック あり 3,542円
フレシャス/デュオミニ 上置き 4.7L ビニールパック なし 4,546円
コスモウォーター/スマートプラス 下置き 12L ワンウェイボトル あり 4,140円
ウォータースタンド/ナノラピアネオ あり 3,850円
クリクラ 上置き 12L・5.8L リターナブルボトル なし 2,920円
サントリー天然水ウォーターサーバー 中間 12L ワンウェイボトル あり 4,050円
ワンウェイウォーター/Acro 上置き 12L ワンウェイボトル なし 4,104円

第1位:プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーターのスリムサーバーⅢは、卓上に設置できるコンパクトなサイズのウォーターサーバーです。

ボトル容量が7Lとコンパクトで、高齢者でも簡単にボトル交換ができる軽量ボトルを採用しており、日常生活の負担を軽減できます。

ウォーターサーバーの初回設置もメーカーの業者が行ってくれるため、とても安心です。

他社と比べて最低利用料金が抑えられているので、そこまで大量に水を消費しないという高齢の方にもピッタリ。

扱いやすさとコストの両方のバランスがいいウォーターサーバーと言えますね。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 30㎝×36cm×77cm
重量 15㎏
ボトル交換位置 上部
ボトルの重量 7.2L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー プレミアムブラック/ピュアホワイト/ベビーピンク/プラチナシルバー

第2位:フレシャス/デュオミニ

フレシャスデュオミニは、名前の通りコンパクトなサイズ感で机や棚の上に設置できるサイズ感が特徴です。

デュオミニではビニールパックを採用しており、内容量も4.7Lと非常に軽量なので、簡単に交換でき使い勝手が良いです。

高齢者の方でも簡単に交換ができ、使用後は小さく折り畳んで処分できるのも嬉しいポイント。

また、消音機能が搭載されているため、寝室に置いて使用できます。

レンタル料(月額) 〇初月は0円
〇前月に水を3箱以上購入で0円、3箱未満は550円(税込)
サイズ(幅×奥×高さ) 横25cm×奥行29.5cm×高さ47cm
重量 7.3kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの容量 4.7L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー メタリックブラック
カッパーブラウン
スカイグレー

第3位:フレシャス/サイフォンプラス

サイフォンプラス

フレシャスサイフォンプラスはフレシャスがリリースしている、パック交換型のウォーターサーバーです。

上部に軽量パックを挿入する扉がついており、毎月配送されてくるパックを挿入するシステムで利用できます。

雑誌1冊分のスペースがあれば設置できるので、設置スペースが狭い家庭でも安心です。

ボトルよりも持ちやすく軽量化されているので、高齢者のいる家庭でも高感が楽に進みます。

UV-LED殺菌なので、衛生面も安心です。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) ロングタイプ-幅:300mm/奥行:340mm/
高さ:1,225mmショートタイプ-幅:300mm/奥行:340mm/
高さ:775mm
重量 ロングタイプ:18.1kg
ショートタイプ:15.1kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの容量 ロングタイプ:冷水=3.8L/温水1.8L
ショートタイプ:冷水=3.8L/温水1.3L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー クールホワイト

ショコラブラウン

クールブラック

シャイニーホワイト

パールピンク

ミルキーベージュ

第4位:フレシャス/スラット

フレシャス スラット

フレシャススラットはボトルを足元に収納できるタイプのウォーターサーバーです。

給水口は高く設定されているので、水をくむ際にかがむ必要がありません。

ワイドトレーには鍋を置くこともできるので、料理の際にも活用できます。

静音設計で作られており、夜間でも静かに稼働できます。

デザインはいたってシンプルで、白と黒の2色展開。

グッドデザイン賞やキッズデザインアワードの受賞経歴もありますので、デザイン性も高い評価を受けています。

温度機能も豊富で、料理に活用出来る高温水モードや薬を飲むときにうれしい常温水モードもあります。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) 幅:290mm / 奥行:350mm / 高さ:1,110mm
重量 24kg
ボトル交換位置 下部
ボトルの容量 冷水=1.5L / 温水=1.5L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー

第5位:コスモウォーター/スマートプラス

コスモウォーターのスマートプラスは、ボトル下置きタイプなので、ボトルを交換する際の負担を最小限に抑えられます。

使用されている天然水も、水のアカデミー賞・モンドセレクションの名誉ある賞を2つ受賞しています。

サーバーに関しても、デザイン性や性能が評価されグットデザイン賞を受賞しており、あらゆる面でハイスペックなウォーターサーバーです。

サポート面も「お客様サービスセンター」「マイページ」「コスモウォーター安心サービス」3つの安心サポートがあり、トラブルなどが起きても安心です。

レンタル料(月額) 0円(カラーによって有料)
サイズ(幅×奥×高さ) 30cm×34cm×114cm
重量 20㎏
ボトル交換位置 下置き
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト/ピンク/ブラック/ウッド/ライトウッド

第6位:ウォータースタンド/ナノシリーズ・ネオ

ウォータースタンドは、通常のサーバーとは異なり、水道に繋げて使用する水道直結型のウォーターサーバーです。

水道水を使用するため、面倒なボトル交換の手間を省け、ボトルを受け取る必要もなくなります。

通常のウォーターサーバーと同じように冷水・温水が使えて、もちろん常温水もしようできるため、浄水器とは全く異なります。

月額料金も定額制なので、水をどれだけ使っても使用料に関わらず料金は変わらないため、料理にきれいな水を使いたい・水の使用量が多い家庭にもおすすめ。

サーバーのサイズも床置き型と比べてコンパクトな作りなので、設置スペースを最小限に抑えられます。

レンタル料(月額) 3,850円
サイズ(幅×奥×高さ) 26cm×50.5cm×50cm
重量 18kg
ボトル交換位置
ボトルの重量
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト

第7位:ウォータースタンド/アイコン

ウォータースタンド ナノシリーズ・アイコン

ウォータースタンドのナノシリーズ・アイコンは、特にコンパクトなサイズ感で人気を集めるウォーターサーバーです。

重さも約7㎏と非常に軽量化されており、家具の移動の時も楽ちんです。

水道直結型のウォーターサーバーなので、いちいちボトルを交換する手間もありません。

冷水や温水はもちろんのこと、薬を飲むときに役立つ常温水も抽出できます。

常温水は電気代のコストカットもできるので、電気代を安く済ませたい家庭にもおすすめです。

設置時にスタッフが最適な設置場所を提案してくれるので、使いやすい設置場所や、安全な場所に設置できます。

レンタル料(月額) 4,400円
サイズ(幅×奥×高さ) W180 × D340× H385mm
重量 7.6kg
ボトル交換位置
ボトルの重量
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

第8位:クリクラ

クリクラ

クリクラは初回に発生するサーバーの設置~ボトルの装着まで全ての作業を専任のスタッフさんがおこなってくれます。

重たいウォーターサーバーを移動させたり、ボトルを設置したりする必要が無いので、高齢の方でも問題なくウォーターサーバーを利用できます。

また、クリクラは解約金が一切かからないのも特徴で、解約金に縛られずに自由度が高いので手軽に活用可能です。

通常サイズのボトルに加えて、軽量ボトルも用意されているので、足腰に問題がある方でも問題ありません!

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 30.5cm×35cm×99cm
重量 16kg
ボトル交換位置 サーバー上部
ボトルの重量 12L・5.8L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

第9位:ワンウェイウォーター/Acro

ワンウェイウォーターのAcroは、ウォーターサーバーに自動掃除ロボットン機能を搭載しており1台で2役をこなします。

自ら掃除をしなくても勝手に掃除してくれるため、日常生活の負担を軽減できます。

また、ウォーターサーバーと掃除機2つの機能が付いても、レンタル料は0円。とてもお得でコスパが良いウォーターサーバーと言えます。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) 30cm×30cm×102cm
重量 16kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり

第10位:サントリー天然水ウォーターサーバー

誰もが一度は飲んだことのある、南アルプスの天然水が楽しめるサントリー天然水ウォーターサーバー。

ボトルの設置場所は、サーバーの下でも上でもなく、胸の高さなのが特徴です。

ボトルも差し込んでレバーを回すだけなので、力に自信のない高齢者の方でも簡単に交換できます。

また、ボトル容量7.8Lと軽量化されているため、使い勝手の面でも問題ありません。

4段階の温度調整機能も搭載しており。温水2段階・冷水2段階で調整できるため、使用用途に合わせて幅広く温度調整ができます。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 37cm×45cm×124cm
重量 26kg
ボトル交換位置 サーバーの中間
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際の9つのポイント

水素水は美容に効果的!効果的な使い方と飲むタイミングを紹介!

高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際には、大きく9つのポイントがあります。

  • ボトル交換が簡単にできるか
  • 常温水を使えるか
  • ウォーターサーバーの設置を行ってくれるか
  • サポート体制が整っているか
  • 問い合わせ方法が分かりやすいか
  • 口座振替や代金引き換えができるか
  • 操作や設定がシンプル
  • サーバーの掃除・メンテナンスサポートはあるか
  • 水の配送と注文ノルマ

ポイントを理解していない状況で契約まで進んでしまうと、使い始めてから後悔することも。

後悔なく快適に使用できるように、選ぶ際のポイントを理解しておきましょう。

ボトル交換が簡単にできるか

まず一つ目は、ボトル交換が簡単にできるかという点。

毎回重いボトルの交換をすると身体に負担がかかり、腰を痛めてしまうおそれもあります

ボトル交換が楽なウォーターサーバーの特徴は、ボトルが軽量・ボトルが下置きの2つです。

ボトルが軽量

ウォーターサーバーで使われているボトルは、12Lが一般的で重さにすると12㎏もあるあため持ち上げて交換するのが非常に大変です。

そのため、ボトルの容量が少ない軽量ボトルを選び、なるべく簡単にボトル交換ができる様にしましょう。

特に高齢者の場合は、足腰が弱くなっているケースが多く、重たいものを持ち上げると大きなケガに繋がってしまいます。

ボトルが下置き

ウォーターサーバーはボトル取り付け口が上部についているものが一般的で、ボトルを持ち上げて交換するのが大変です。

しかし、足元部分にセットできる下置きボトルを採用しているサーバーもあります。

下置きボトルであればボトルを持ち上げて交換する必要が無く、スムーズにボトル交換ができます。

常温水を使えるか

高齢の方の中には、良く冷えた水よりも常温水の方が飲みやすいという人が多いため、常温水が使えるかチェックしておきましょう。

薬を服用する際などに、常温水を使えば胃への負担を軽減できます。

冷たい水を飲み過ぎてしまうと、体を冷やしてしまう原因にもなってしまうため、常温水が使えるウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーの設置を行ってくれるか

ウォーターサーバーは重さが20㎏前後あるため、持ち上げて移動させるのがとても大変です。

特に設置作業を自分で行わなければならない場合、玄関から設置スペース迄運ばなければなりません。

メーカーによっては、ウォーターサーバーの配送から設置まで全ておこなってくれるメーカーもあります。

申し込みする際には、なるべくサーバーの設置まで行ってくれるメーカーを選びましょう。

サポート体制が整っているか

初めてウォーターサーバーを使用する人にとって、「使い方が分からない」「故障したかも」などのトラブルが起きるケースも考えられます。

そんな時に専門のスタッフや相談できるカスタマーセンタ―、故障時に対応してくれるサポートが付いていれば安心ですよね、

万が一に備えて、トラブル時のサポート体制が整っているか確認しておきましょう。

問い合わせ方法が分かりやすいか

ウォーターサーバーに関して困ったことがあった時に、メーカーに問い合わせる方法はいくつかあります。

メールやウェブサイト、マイページから問い合わせができるメーカーは多いですが、高齢の方にとっては扱いづらく問い合わせのハードルが高くなってしまいます。

できれば電話での問い合わせができるメーカーを選んだ方が、トラブルがあった時に安心ですよ。

口座振替や代金引き換えができるか

ウォーターサーバーの料金の支払いにはクレジットカードを設定しなければいけない場合が多いです。

高齢の方の中には、そもそもクレジットカードを持っていないという方もいるでしょう。

その場合は、利用料金の支払いに口座振替や代金引換を選択できるかどうかを、あらかじめ確認しておく必要がありますよ。

操作や設定がシンプル

高齢の方が使うウォーターサーバーは、たくさんの機能がついているものよりも、シンプルで簡単に操作できるものがおすすめです。

ウォーターサーバーの中にはコーヒー機能がついていたり、炭酸水を出せる機種などがあります。

ただ、多くの機能がついた機種は操作も複雑になり、高齢の方には扱いにくくなる可能性があります。

「念のため色々できる機種を選んでおこう」と考えるのではなく「できるだけ無駄な機能が付いてないものを選ぼう」というスタンスで機種を決めるのがおすすめです。

また、シンプルな機種の方がランニングコストも抑えられていることが多いので、無駄な出費をしなくて済みますよ。

サーバーの掃除・メンテナンスサポートはあるか

ウォーターサーバーは定期的な掃除やメンテナンスが必要です。

定期的なメンテナンスサポートを提供しているメーカーもあります。

ほかにも、自動洗浄機能を備えているサーバーもあるので有効利用してください。

サーバー本体のメンテナンスは、安全で清潔な水を楽しむために必須と考えられます。

定期的な清掃と消毒をすることで、細菌やカビの発生を防ぎ、高い安全性が保てるでしょう

内部の洗浄やフィルターの交換などは、メーカーに依頼して適切なメンテナンスを行ってください。

メンテナンスをすればサーバーの性能を最大限に活かし、故障のリスクを減らせます。

水の配送と注文ノルマ

配送タイミングの調節を自分でできるウォーターサーバーもあります。

ただし、配送の回数やボトル本数は各社のサービスにより異なるので注意してください。

ウォーターサーバーの配送は、契約者の生活スタイルに合ったプランを選ぶことが大切です。

ほかにも、一部のウォーターサーバーでは、注文ノルマが決まっていることがあります。

タイミングがずれると水ボトルがたまってしまう原因になりかねません。

契約前にウォーターサーバーの注文ノルマを確認し、高齢者も使いやすいか検討しましょう。

高齢者がウォーターサーバーを使用すると様々なメリットが!

女性 指をさす オススメ

高齢者がウォーターサーバーを使用するとあらゆるメリットがあります。

  • 重たい水を買いに行く手間が省ける
  • 水を飲む習慣ができ摂取する水分量が増える
  • 脱水症状や熱中症を防げる
  • 生活の負担が少なくなる
  • 定期配送が安否確認にもなる
  • お湯を沸かさずに済む

重たい水を買いに行く手間が省ける

スーパーやコンビニで水を買うと、重たくかさばってしまうため、かなり負担になってしまいます。

しかし、ウォーターサーバーにすればボトルを配送してくれるため、わざわざ買いに行く負担を軽減できます。

買い物の際に手荷物が少なくなるため、買い的に生活できます。

水を飲む習慣ができ摂取する水分量が増える

ウォーターサーバーを使用すれば、水が自動的に配送されてくるため、自然と摂取する水分量が多くなります。

年齢を重ねるごとに体の水分調整機能が衰えてしまうため、適度な水分補給は非常に大切です。

いつでも新鮮で美味しい水を飲める環境に身を置けば、水の摂取量が多くなり。健康促進ン効果も期待できます。

脱水症状や熱中症を防げる

気温が上がる夏場は高齢者の熱中症や脱水症状が多くなり、深刻な状況に陥ってしまうケースもあります。

毎年熱中症によってかなりの高齢者が病院に搬送されているため、軽視できない大きな問題です。

熱中症を回避する方法はいくつかありますが、最も効果的な方法は、こまめな水分補給です、

ウォーターサーバ―があれば、熱中症になるリスクを回避でき、大きな事故を防ぐことができます。

大きな事故を防ぐためにも、ウォーターサーバーを活用して、水分摂取量を増やしましょう。

生活の負担が少なくなる

ウォーターサーバーがあれば、お湯を沸かす手間や冷蔵庫にペットボトルを入れておくスペースなどの削減ができます。

面倒な手間が色々と削減できるため、生活上の負担が無くなり、快適に生活ができます。

ウォーターサーバーが一台あるだけで快適に生活できるので、高齢者の暮らしを豊かにしてくれます。

安否確認にもつながる

ウォーターサーバーは毎月数回、配送員さんが自宅まで水を配送してくれます。

高齢の方だけで生活している場合、万が一のことがあった時に誰にも気づかれないというリスクもありますが、定期的に配送してくれて両親の安否確認にもつながります

お湯を沸かさずに済む

ウォーターサーバーを導入することによって、お湯を沸かさずに済むメリットもあります。

お湯を沸かすとなるとコンロを使用しなければなりませんが、中にはスイッチをつけたまま放置してしまう人もいます。

火災の原因にもなりかねませんので、火元を使わずに水を使用できるのは安全上のメリットが大きいのです。

またガスコンロが原因でやけどを負ってしまう人もいますから、けが防止にもつながります。

高齢者が1日に必要な水分摂取量

厚生労働省は、1日に摂取すべき水分量は「その必要性を性・年齢・身体活動レベル別に算定するための根拠は、未だに十分には整っていない」としています。

一方、環境省の「熱中症環境保健マニュアル2018」によると、日常生活で摂取する水分のうち、飲み物から摂取すべき量は、1日あたりおよそ1.2 Lを目安としています。

年齢や活動量、持病の有無などによっても必要な水分量は変わってきます。

そのため明確な水分量を算出することは難しいですが、日々の水分補給があまりに少なくないかを確認するための目安としてみましょう。

さらに具体的な水分量を知りたい方は、かかりつけ医などに相談してみると良いでしょう。

高齢者が安全にウォーターサーバーを使用する方法

高齢者がウォーターサーバーを使うときは、安全性を高める工夫が必要です。

トラブルや事故を防ぐために以下のポイントに注意しましょう。

  • キッチン・リビングに設置する
  • お湯と冷水がわかるように工夫する
  • 転倒しないように設置する

キッチン・リビングに設置する

ウォーターサーバーの設置場所は、日常的に使いやすいキッチンやリビングをおすすめします。

キッチンやリビングに置けば、水分補給や調理するときに余計な手間がかかりません。

移動することなく、清潔な水を利用できるでしょう。

ほかにも、台所やリビングに設置することで、家族や介護者も管理しやすくなります。

減った水の量や代理のボトル交換も楽に行えますね。

高齢者の水分補給が足りないことで起こる健康リスクを防げるでしょう。

お湯と冷水がわかるように工夫する

お湯と冷水の操作ボタンに目立つシールを貼ったり、色付きのテープで区別しましょう。

対策をすることで、間違ってお湯を出すといったサーバーの誤操作を防げます。

とくに高齢者がいる場合が、安全に使うためにも事故防止の工夫は必要です。

ウォーターサーバーの操作パネルは、冷水とお湯を明確に区別できるようにデザインされています。

しかし、高齢者は、視力が低下していたり色覚に問題があったりするので注意しましょう。

お湯と冷水がわかるように、家庭でも安全対策をしてください。

転倒しないように設置する

高齢者がいる家庭では、ウォーターサーバーに転倒防止グッズを活用しましょう。

ウォーターサーバーは、水ボトルが取り付けられている状態ではかなりの重さになります。

そのため、サーバー本体が転倒したときのトラブルや事故を予防する工夫が必要です。

安全な使用のために、ウォーターサーバーを安定した場所にしっかりと設置してください。

家具に使用する固定グッズを使えば、転倒するリスクを最小限に抑えられるでしょう。

くわえて、モーターサーバーに設置するボトルの取り扱いにも注意が必要です。

重いボトルを必要以上に積み重ねると、事故の原因になります。

ボトルは高齢者が交換するときの危険性を考えて、適切に保存してください。

高齢者向けのウォーターサーバー契約でよくあるQ&A

高齢者向けに、ウォーターサーバー契約にかかわる注意点をまとめました。

契約する前に手続きに関わることや、利用するときの注意点を確認しましょう。

ウォーターサーバーの申し込みや使い方に迷ったら、メーカーのカスタマーセンターに相談することが重要です。

高齢者も使いやすい水ボトルのサイズを把握して、サーバー本体の使い勝手が良いものを選んでください。

インターネット以外からでも契約できるか

ウォーターサーバーはほとんどのメーカーでインターネット以外からでも契約できるシステムが整っています。

カスタマーサービスへの電話連絡で契約できるウォーターサーバーもあるので、有効利用しましょう。

スマートフォンやパソコンの操作に慣れていない人も、電話で相談ができるので困りませんね。

水ボトルの注文だけでなく解約やメンテナンスで困ったときも、電話で連絡できるシステムは便利です。

本人以外が手続きすることはできるか

ウォーターサーバーは、本人による契約が原則です。

ただし、契約自体は子供が行い、ウォーターサーバーを設置する場所は親の家にするといった方法が可能です。

そのほかに、家族間なら主契約のほかに副契約を設定できるウォーターサーバーもあるので、チェックしましょう。

家族間で複数のウォーターサーバーを契約する場合、お得なプランが適用されるメーカーもあります。

高齢者の親族に安心してウォーターサーバーを使ってもらうためにも、契約について確認してください。

不明なことや質問がある場合は、ウォーターサーバーのコールセンターに相談しましょう。

高齢者がウォーターサーバーを利用するときの注意点は?

高齢者がウォーターサーバーを利用するときの注意点をまとめました。

  • 電話でサポートが受けられるウォーターサーバーを選ぶ
  • サーバー設置サービスの有無を確認する
  • 水ボトルの交換が楽にできるサーバーを選ぶ
  • 宅配業者の定期配送サービスを有効活用する
  • 休止プラン・配送スキップがあるウォーターサーバーを選ぶ
  • 操作方法が分かりやすいウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの毎月のコストのほかに電気代がかかることも考えて、いくつかのプランを検討することが重要です。

複数のウォーターサーバーメーカーを比較して、高齢者の生活に合った使いやすいサービスがあるものを選びましょう。

ウォーターサーバーを使用して快適な生活を送ろう

高齢者向けウォーターサーバーの特徴は

  • ボトル交換しやすい
  • 常温水機能を搭載している
  • 設置サービスがある

また、高齢者の家庭にウォーターサーバーを導入すれば多くのメリットがあります。

  • 水を飲む習慣ができ摂取量が多くなる
  • 熱中症対策になる
  • 生活上の負担が少なくなる

ウォーターサーバーをうまく生活に取り入れ、毎日を取り快適にするために活用してみましょう。
[/rate]

月額費用 3,542円(税込)~
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨て(ワンウェイ方式)
配送地域 全国対応 ※離島を除く

特長

  • 非加熱製法にこだわりぬいた天然水
  • サーバーのデザイン性も高い!

キャンペーン情報

  • 【当サイト限定】ギフト券2,500円分プレゼント
  • 他社からの乗り換えで16,500円キャッシュバック

高齢者におすすめのウォーターサーバーランキング

メーカー/機種 ボトル交換の位置 ボトル容量
(1本あたり)
ボトルの種類 常温水の有無 月額費用(税込)
プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ 上置き 7L ビニールパック あり 3,542円
フレシャス/デュオミニ 上置き 4.7L ビニールパック なし 4,546円
コスモウォーター/スマートプラス 下置き 12L ワンウェイボトル あり 4,140円
ウォータースタンド/ナノラピアネオ あり 3,850円
クリクラ 上置き 12L・5.8L リターナブルボトル なし 2,920円
サントリー天然水ウォーターサーバー 中間 12L ワンウェイボトル あり 4,050円
ワンウェイウォーター/Acro 上置き 12L ワンウェイボトル なし 4,104円

第1位:プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーターのスリムサーバーⅢは、卓上に設置できるコンパクトなサイズのウォーターサーバーです。

ボトル容量が7Lとコンパクトで、高齢者でも簡単にボトル交換ができる軽量ボトルを採用しており、日常生活の負担を軽減できます。

ウォーターサーバーの初回設置もメーカーの業者が行ってくれるため、とても安心です。

他社と比べて最低利用料金が抑えられているので、そこまで大量に水を消費しないという高齢の方にもピッタリ。

扱いやすさとコストの両方のバランスがいいウォーターサーバーと言えますね。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 30㎝×36cm×77cm
重量 15㎏
ボトル交換位置 上部
ボトルの重量 7.2L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー プレミアムブラック/ピュアホワイト/ベビーピンク/プラチナシルバー

第2位:フレシャス/デュオミニ

フレシャスデュオミニは、名前の通りコンパクトなサイズ感で机や棚の上に設置できるサイズ感が特徴です。

デュオミニではビニールパックを採用しており、内容量も4.7Lと非常に軽量なので、簡単に交換でき使い勝手が良いです。

高齢者の方でも簡単に交換ができ、使用後は小さく折り畳んで処分できるのも嬉しいポイント。

また、消音機能が搭載されているため、寝室に置いて使用できます。

レンタル料(月額) 〇初月は0円
〇前月に水を3箱以上購入で0円、3箱未満は550円(税込)
サイズ(幅×奥×高さ) 横25cm×奥行29.5cm×高さ47cm
重量 7.3kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの容量 4.7L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー メタリックブラック
カッパーブラウン
スカイグレー

第3位:フレシャス/サイフォンプラス

サイフォンプラス

フレシャスサイフォンプラスはフレシャスがリリースしている、パック交換型のウォーターサーバーです。

上部に軽量パックを挿入する扉がついており、毎月配送されてくるパックを挿入するシステムで利用できます。

雑誌1冊分のスペースがあれば設置できるので、設置スペースが狭い家庭でも安心です。

ボトルよりも持ちやすく軽量化されているので、高齢者のいる家庭でも高感が楽に進みます。

UV-LED殺菌なので、衛生面も安心です。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) ロングタイプ-幅:300mm/奥行:340mm/
高さ:1,225mmショートタイプ-幅:300mm/奥行:340mm/
高さ:775mm
重量 ロングタイプ:18.1kg
ショートタイプ:15.1kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの容量 ロングタイプ:冷水=3.8L/温水1.8L
ショートタイプ:冷水=3.8L/温水1.3L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー クールホワイト

ショコラブラウン

クールブラック

シャイニーホワイト

パールピンク

ミルキーベージュ

第4位:フレシャス/スラット

フレシャス スラット

フレシャススラットはボトルを足元に収納できるタイプのウォーターサーバーです。

給水口は高く設定されているので、水をくむ際にかがむ必要がありません。

ワイドトレーには鍋を置くこともできるので、料理の際にも活用できます。

静音設計で作られており、夜間でも静かに稼働できます。

デザインはいたってシンプルで、白と黒の2色展開。

グッドデザイン賞やキッズデザインアワードの受賞経歴もありますので、デザイン性も高い評価を受けています。

温度機能も豊富で、料理に活用出来る高温水モードや薬を飲むときにうれしい常温水モードもあります。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) 幅:290mm / 奥行:350mm / 高さ:1,110mm
重量 24kg
ボトル交換位置 下部
ボトルの容量 冷水=1.5L / 温水=1.5L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー

第5位:コスモウォーター/スマートプラス

コスモウォーターのスマートプラスは、ボトル下置きタイプなので、ボトルを交換する際の負担を最小限に抑えられます。

使用されている天然水も、水のアカデミー賞・モンドセレクションの名誉ある賞を2つ受賞しています。

サーバーに関しても、デザイン性や性能が評価されグットデザイン賞を受賞しており、あらゆる面でハイスペックなウォーターサーバーです。

サポート面も「お客様サービスセンター」「マイページ」「コスモウォーター安心サービス」3つの安心サポートがあり、トラブルなどが起きても安心です。

レンタル料(月額) 0円(カラーによって有料)
サイズ(幅×奥×高さ) 30cm×34cm×114cm
重量 20㎏
ボトル交換位置 下置き
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト/ピンク/ブラック/ウッド/ライトウッド

第6位:ウォータースタンド/ナノシリーズ・ネオ

ウォータースタンドは、通常のサーバーとは異なり、水道に繋げて使用する水道直結型のウォーターサーバーです。

水道水を使用するため、面倒なボトル交換の手間を省け、ボトルを受け取る必要もなくなります。

通常のウォーターサーバーと同じように冷水・温水が使えて、もちろん常温水もしようできるため、浄水器とは全く異なります。

月額料金も定額制なので、水をどれだけ使っても使用料に関わらず料金は変わらないため、料理にきれいな水を使いたい・水の使用量が多い家庭にもおすすめ。

サーバーのサイズも床置き型と比べてコンパクトな作りなので、設置スペースを最小限に抑えられます。

レンタル料(月額) 3,850円
サイズ(幅×奥×高さ) 26cm×50.5cm×50cm
重量 18kg
ボトル交換位置
ボトルの重量
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト

第7位:ウォータースタンド/アイコン

ウォータースタンド ナノシリーズ・アイコン

ウォータースタンドのナノシリーズ・アイコンは、特にコンパクトなサイズ感で人気を集めるウォーターサーバーです。

重さも約7㎏と非常に軽量化されており、家具の移動の時も楽ちんです。

水道直結型のウォーターサーバーなので、いちいちボトルを交換する手間もありません。

冷水や温水はもちろんのこと、薬を飲むときに役立つ常温水も抽出できます。

常温水は電気代のコストカットもできるので、電気代を安く済ませたい家庭にもおすすめです。

設置時にスタッフが最適な設置場所を提案してくれるので、使いやすい設置場所や、安全な場所に設置できます。

レンタル料(月額) 4,400円
サイズ(幅×奥×高さ) W180 × D340× H385mm
重量 7.6kg
ボトル交換位置
ボトルの重量
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

第8位:クリクラ

クリクラ

クリクラは初回に発生するサーバーの設置~ボトルの装着まで全ての作業を専任のスタッフさんがおこなってくれます。

重たいウォーターサーバーを移動させたり、ボトルを設置したりする必要が無いので、高齢の方でも問題なくウォーターサーバーを利用できます。

また、クリクラは解約金が一切かからないのも特徴で、解約金に縛られずに自由度が高いので手軽に活用可能です。

通常サイズのボトルに加えて、軽量ボトルも用意されているので、足腰に問題がある方でも問題ありません!

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 30.5cm×35cm×99cm
重量 16kg
ボトル交換位置 サーバー上部
ボトルの重量 12L・5.8L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

第9位:ワンウェイウォーター/Acro

ワンウェイウォーターのAcroは、ウォーターサーバーに自動掃除ロボットン機能を搭載しており1台で2役をこなします。

自ら掃除をしなくても勝手に掃除してくれるため、日常生活の負担を軽減できます。

また、ウォーターサーバーと掃除機2つの機能が付いても、レンタル料は0円。とてもお得でコスパが良いウォーターサーバーと言えます。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) 30cm×30cm×102cm
重量 16kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり

第10位:サントリー天然水ウォーターサーバー

誰もが一度は飲んだことのある、南アルプスの天然水が楽しめるサントリー天然水ウォーターサーバー。

ボトルの設置場所は、サーバーの下でも上でもなく、胸の高さなのが特徴です。

ボトルも差し込んでレバーを回すだけなので、力に自信のない高齢者の方でも簡単に交換できます。

また、ボトル容量7.8Lと軽量化されているため、使い勝手の面でも問題ありません。

4段階の温度調整機能も搭載しており。温水2段階・冷水2段階で調整できるため、使用用途に合わせて幅広く温度調整ができます。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 37cm×45cm×124cm
重量 26kg
ボトル交換位置 サーバーの中間
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際の9つのポイント

水素水は美容に効果的!効果的な使い方と飲むタイミングを紹介!

高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際には、大きく9つのポイントがあります。

  • ボトル交換が簡単にできるか
  • 常温水を使えるか
  • ウォーターサーバーの設置を行ってくれるか
  • サポート体制が整っているか
  • 問い合わせ方法が分かりやすいか
  • 口座振替や代金引き換えができるか
  • 操作や設定がシンプル
  • サーバーの掃除・メンテナンスサポートはあるか
  • 水の配送と注文ノルマ

ポイントを理解していない状況で契約まで進んでしまうと、使い始めてから後悔することも。

後悔なく快適に使用できるように、選ぶ際のポイントを理解しておきましょう。

ボトル交換が簡単にできるか

まず一つ目は、ボトル交換が簡単にできるかという点。

毎回重いボトルの交換をすると身体に負担がかかり、腰を痛めてしまうおそれもあります

ボトル交換が楽なウォーターサーバーの特徴は、ボトルが軽量・ボトルが下置きの2つです。

ボトルが軽量

ウォーターサーバーで使われているボトルは、12Lが一般的で重さにすると12㎏もあるあため持ち上げて交換するのが非常に大変です。

そのため、ボトルの容量が少ない軽量ボトルを選び、なるべく簡単にボトル交換ができる様にしましょう。

特に高齢者の場合は、足腰が弱くなっているケースが多く、重たいものを持ち上げると大きなケガに繋がってしまいます。

ボトルが下置き

ウォーターサーバーはボトル取り付け口が上部についているものが一般的で、ボトルを持ち上げて交換するのが大変です。

しかし、足元部分にセットできる下置きボトルを採用しているサーバーもあります。

下置きボトルであればボトルを持ち上げて交換する必要が無く、スムーズにボトル交換ができます。

常温水を使えるか

高齢の方の中には、良く冷えた水よりも常温水の方が飲みやすいという人が多いため、常温水が使えるかチェックしておきましょう。

薬を服用する際などに、常温水を使えば胃への負担を軽減できます。

冷たい水を飲み過ぎてしまうと、体を冷やしてしまう原因にもなってしまうため、常温水が使えるウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーの設置を行ってくれるか

ウォーターサーバーは重さが20㎏前後あるため、持ち上げて移動させるのがとても大変です。

特に設置作業を自分で行わなければならない場合、玄関から設置スペース迄運ばなければなりません。

メーカーによっては、ウォーターサーバーの配送から設置まで全ておこなってくれるメーカーもあります。

申し込みする際には、なるべくサーバーの設置まで行ってくれるメーカーを選びましょう。

サポート体制が整っているか

初めてウォーターサーバーを使用する人にとって、「使い方が分からない」「故障したかも」などのトラブルが起きるケースも考えられます。

そんな時に専門のスタッフや相談できるカスタマーセンタ―、故障時に対応してくれるサポートが付いていれば安心ですよね、

万が一に備えて、トラブル時のサポート体制が整っているか確認しておきましょう。

問い合わせ方法が分かりやすいか

ウォーターサーバーに関して困ったことがあった時に、メーカーに問い合わせる方法はいくつかあります。

メールやウェブサイト、マイページから問い合わせができるメーカーは多いですが、高齢の方にとっては扱いづらく問い合わせのハードルが高くなってしまいます。

できれば電話での問い合わせができるメーカーを選んだ方が、トラブルがあった時に安心ですよ。

口座振替や代金引き換えができるか

ウォーターサーバーの料金の支払いにはクレジットカードを設定しなければいけない場合が多いです。

高齢の方の中には、そもそもクレジットカードを持っていないという方もいるでしょう。

その場合は、利用料金の支払いに口座振替や代金引換を選択できるかどうかを、あらかじめ確認しておく必要がありますよ。

操作や設定がシンプル

高齢の方が使うウォーターサーバーは、たくさんの機能がついているものよりも、シンプルで簡単に操作できるものがおすすめです。

ウォーターサーバーの中にはコーヒー機能がついていたり、炭酸水を出せる機種などがあります。

ただ、多くの機能がついた機種は操作も複雑になり、高齢の方には扱いにくくなる可能性があります。

「念のため色々できる機種を選んでおこう」と考えるのではなく「できるだけ無駄な機能が付いてないものを選ぼう」というスタンスで機種を決めるのがおすすめです。

また、シンプルな機種の方がランニングコストも抑えられていることが多いので、無駄な出費をしなくて済みますよ。

サーバーの掃除・メンテナンスサポートはあるか

ウォーターサーバーは定期的な掃除やメンテナンスが必要です。

定期的なメンテナンスサポートを提供しているメーカーもあります。

ほかにも、自動洗浄機能を備えているサーバーもあるので有効利用してください。

サーバー本体のメンテナンスは、安全で清潔な水を楽しむために必須と考えられます。

定期的な清掃と消毒をすることで、細菌やカビの発生を防ぎ、高い安全性が保てるでしょう

内部の洗浄やフィルターの交換などは、メーカーに依頼して適切なメンテナンスを行ってください。

メンテナンスをすればサーバーの性能を最大限に活かし、故障のリスクを減らせます。

水の配送と注文ノルマ

配送タイミングの調節を自分でできるウォーターサーバーもあります。

ただし、配送の回数やボトル本数は各社のサービスにより異なるので注意してください。

ウォーターサーバーの配送は、契約者の生活スタイルに合ったプランを選ぶことが大切です。

ほかにも、一部のウォーターサーバーでは、注文ノルマが決まっていることがあります。

タイミングがずれると水ボトルがたまってしまう原因になりかねません。

契約前にウォーターサーバーの注文ノルマを確認し、高齢者も使いやすいか検討しましょう。

高齢者がウォーターサーバーを使用すると様々なメリットが!

女性 指をさす オススメ

高齢者がウォーターサーバーを使用するとあらゆるメリットがあります。

  • 重たい水を買いに行く手間が省ける
  • 水を飲む習慣ができ摂取する水分量が増える
  • 脱水症状や熱中症を防げる
  • 生活の負担が少なくなる
  • 定期配送が安否確認にもなる
  • お湯を沸かさずに済む

重たい水を買いに行く手間が省ける

スーパーやコンビニで水を買うと、重たくかさばってしまうため、かなり負担になってしまいます。

しかし、ウォーターサーバーにすればボトルを配送してくれるため、わざわざ買いに行く負担を軽減できます。

買い物の際に手荷物が少なくなるため、買い的に生活できます。

水を飲む習慣ができ摂取する水分量が増える

ウォーターサーバーを使用すれば、水が自動的に配送されてくるため、自然と摂取する水分量が多くなります。

年齢を重ねるごとに体の水分調整機能が衰えてしまうため、適度な水分補給は非常に大切です。

いつでも新鮮で美味しい水を飲める環境に身を置けば、水の摂取量が多くなり。健康促進ン効果も期待できます。

脱水症状や熱中症を防げる

気温が上がる夏場は高齢者の熱中症や脱水症状が多くなり、深刻な状況に陥ってしまうケースもあります。

毎年熱中症によってかなりの高齢者が病院に搬送されているため、軽視できない大きな問題です。

熱中症を回避する方法はいくつかありますが、最も効果的な方法は、こまめな水分補給です、

ウォーターサーバ―があれば、熱中症になるリスクを回避でき、大きな事故を防ぐことができます。

大きな事故を防ぐためにも、ウォーターサーバーを活用して、水分摂取量を増やしましょう。

生活の負担が少なくなる

ウォーターサーバーがあれば、お湯を沸かす手間や冷蔵庫にペットボトルを入れておくスペースなどの削減ができます。

面倒な手間が色々と削減できるため、生活上の負担が無くなり、快適に生活ができます。

ウォーターサーバーが一台あるだけで快適に生活できるので、高齢者の暮らしを豊かにしてくれます。

安否確認にもつながる

ウォーターサーバーは毎月数回、配送員さんが自宅まで水を配送してくれます。

高齢の方だけで生活している場合、万が一のことがあった時に誰にも気づかれないというリスクもありますが、定期的に配送してくれて両親の安否確認にもつながります

お湯を沸かさずに済む

ウォーターサーバーを導入することによって、お湯を沸かさずに済むメリットもあります。

お湯を沸かすとなるとコンロを使用しなければなりませんが、中にはスイッチをつけたまま放置してしまう人もいます。

火災の原因にもなりかねませんので、火元を使わずに水を使用できるのは安全上のメリットが大きいのです。

またガスコンロが原因でやけどを負ってしまう人もいますから、けが防止にもつながります。

高齢者が1日に必要な水分摂取量

厚生労働省は、1日に摂取すべき水分量は「その必要性を性・年齢・身体活動レベル別に算定するための根拠は、未だに十分には整っていない」としています。

一方、環境省の「熱中症環境保健マニュアル2018」によると、日常生活で摂取する水分のうち、飲み物から摂取すべき量は、1日あたりおよそ1.2 Lを目安としています。

年齢や活動量、持病の有無などによっても必要な水分量は変わってきます。

そのため明確な水分量を算出することは難しいですが、日々の水分補給があまりに少なくないかを確認するための目安としてみましょう。

さらに具体的な水分量を知りたい方は、かかりつけ医などに相談してみると良いでしょう。

高齢者が安全にウォーターサーバーを使用する方法

高齢者がウォーターサーバーを使うときは、安全性を高める工夫が必要です。

トラブルや事故を防ぐために以下のポイントに注意しましょう。

  • キッチン・リビングに設置する
  • お湯と冷水がわかるように工夫する
  • 転倒しないように設置する

キッチン・リビングに設置する

ウォーターサーバーの設置場所は、日常的に使いやすいキッチンやリビングをおすすめします。

キッチンやリビングに置けば、水分補給や調理するときに余計な手間がかかりません。

移動することなく、清潔な水を利用できるでしょう。

ほかにも、台所やリビングに設置することで、家族や介護者も管理しやすくなります。

減った水の量や代理のボトル交換も楽に行えますね。

高齢者の水分補給が足りないことで起こる健康リスクを防げるでしょう。

お湯と冷水がわかるように工夫する

お湯と冷水の操作ボタンに目立つシールを貼ったり、色付きのテープで区別しましょう。

対策をすることで、間違ってお湯を出すといったサーバーの誤操作を防げます。

とくに高齢者がいる場合が、安全に使うためにも事故防止の工夫は必要です。

ウォーターサーバーの操作パネルは、冷水とお湯を明確に区別できるようにデザインされています。

しかし、高齢者は、視力が低下していたり色覚に問題があったりするので注意しましょう。

お湯と冷水がわかるように、家庭でも安全対策をしてください。

転倒しないように設置する

高齢者がいる家庭では、ウォーターサーバーに転倒防止グッズを活用しましょう。

ウォーターサーバーは、水ボトルが取り付けられている状態ではかなりの重さになります。

そのため、サーバー本体が転倒したときのトラブルや事故を予防する工夫が必要です。

安全な使用のために、ウォーターサーバーを安定した場所にしっかりと設置してください。

家具に使用する固定グッズを使えば、転倒するリスクを最小限に抑えられるでしょう。

くわえて、モーターサーバーに設置するボトルの取り扱いにも注意が必要です。

重いボトルを必要以上に積み重ねると、事故の原因になります。

ボトルは高齢者が交換するときの危険性を考えて、適切に保存してください。

高齢者向けのウォーターサーバー契約でよくあるQ&A

高齢者向けに、ウォーターサーバー契約にかかわる注意点をまとめました。

契約する前に手続きに関わることや、利用するときの注意点を確認しましょう。

ウォーターサーバーの申し込みや使い方に迷ったら、メーカーのカスタマーセンターに相談することが重要です。

高齢者も使いやすい水ボトルのサイズを把握して、サーバー本体の使い勝手が良いものを選んでください。

インターネット以外からでも契約できるか

ウォーターサーバーはほとんどのメーカーでインターネット以外からでも契約できるシステムが整っています。

カスタマーサービスへの電話連絡で契約できるウォーターサーバーもあるので、有効利用しましょう。

スマートフォンやパソコンの操作に慣れていない人も、電話で相談ができるので困りませんね。

水ボトルの注文だけでなく解約やメンテナンスで困ったときも、電話で連絡できるシステムは便利です。

本人以外が手続きすることはできるか

ウォーターサーバーは、本人による契約が原則です。

ただし、契約自体は子供が行い、ウォーターサーバーを設置する場所は親の家にするといった方法が可能です。

そのほかに、家族間なら主契約のほかに副契約を設定できるウォーターサーバーもあるので、チェックしましょう。

家族間で複数のウォーターサーバーを契約する場合、お得なプランが適用されるメーカーもあります。

高齢者の親族に安心してウォーターサーバーを使ってもらうためにも、契約について確認してください。

不明なことや質問がある場合は、ウォーターサーバーのコールセンターに相談しましょう。

高齢者がウォーターサーバーを利用するときの注意点は?

高齢者がウォーターサーバーを利用するときの注意点をまとめました。

  • 電話でサポートが受けられるウォーターサーバーを選ぶ
  • サーバー設置サービスの有無を確認する
  • 水ボトルの交換が楽にできるサーバーを選ぶ
  • 宅配業者の定期配送サービスを有効活用する
  • 休止プラン・配送スキップがあるウォーターサーバーを選ぶ
  • 操作方法が分かりやすいウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの毎月のコストのほかに電気代がかかることも考えて、いくつかのプランを検討することが重要です。

複数のウォーターサーバーメーカーを比較して、高齢者の生活に合った使いやすいサービスがあるものを選びましょう。

ウォーターサーバーを使用して快適な生活を送ろう

高齢者向けウォーターサーバーの特徴は

  • ボトル交換しやすい
  • 常温水機能を搭載している
  • 設置サービスがある

また、高齢者の家庭にウォーターサーバーを導入すれば多くのメリットがあります。

  • 水を飲む習慣ができ摂取量が多くなる
  • 熱中症対策になる
  • 生活上の負担が少なくなる

ウォーターサーバーをうまく生活に取り入れ、毎日を取り快適にするために活用してみましょう。
[/rate]

月額費用 3,542円(税込)~
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨て(ワンウェイ方式)
配送地域 全国対応 ※離島を除く

特長

  • 非加熱製法にこだわりぬいた天然水
  • サーバーのデザイン性も高い!

キャンペーン情報

  • 【当サイト限定】ギフト券2,500円分プレゼント
  • 他社からの乗り換えで16,500円キャッシュバック

高齢者におすすめのウォーターサーバーランキング

メーカー/機種 ボトル交換の位置 ボトル容量
(1本あたり)
ボトルの種類 常温水の有無 月額費用(税込)
プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ 上置き 7L ビニールパック あり 3,542円
フレシャス/デュオミニ 上置き 4.7L ビニールパック なし 4,546円
コスモウォーター/スマートプラス 下置き 12L ワンウェイボトル あり 4,140円
ウォータースタンド/ナノラピアネオ あり 3,850円
クリクラ 上置き 12L・5.8L リターナブルボトル なし 2,920円
サントリー天然水ウォーターサーバー 中間 12L ワンウェイボトル あり 4,050円
ワンウェイウォーター/Acro 上置き 12L ワンウェイボトル なし 4,104円

第1位:プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーターのスリムサーバーⅢは、卓上に設置できるコンパクトなサイズのウォーターサーバーです。

ボトル容量が7Lとコンパクトで、高齢者でも簡単にボトル交換ができる軽量ボトルを採用しており、日常生活の負担を軽減できます。

ウォーターサーバーの初回設置もメーカーの業者が行ってくれるため、とても安心です。

他社と比べて最低利用料金が抑えられているので、そこまで大量に水を消費しないという高齢の方にもピッタリ。

扱いやすさとコストの両方のバランスがいいウォーターサーバーと言えますね。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 30㎝×36cm×77cm
重量 15㎏
ボトル交換位置 上部
ボトルの重量 7.2L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー プレミアムブラック/ピュアホワイト/ベビーピンク/プラチナシルバー

第2位:フレシャス/デュオミニ

フレシャスデュオミニは、名前の通りコンパクトなサイズ感で机や棚の上に設置できるサイズ感が特徴です。

デュオミニではビニールパックを採用しており、内容量も4.7Lと非常に軽量なので、簡単に交換でき使い勝手が良いです。

高齢者の方でも簡単に交換ができ、使用後は小さく折り畳んで処分できるのも嬉しいポイント。

また、消音機能が搭載されているため、寝室に置いて使用できます。

レンタル料(月額) 〇初月は0円
〇前月に水を3箱以上購入で0円、3箱未満は550円(税込)
サイズ(幅×奥×高さ) 横25cm×奥行29.5cm×高さ47cm
重量 7.3kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの容量 4.7L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー メタリックブラック
カッパーブラウン
スカイグレー

第3位:フレシャス/サイフォンプラス

サイフォンプラス

フレシャスサイフォンプラスはフレシャスがリリースしている、パック交換型のウォーターサーバーです。

上部に軽量パックを挿入する扉がついており、毎月配送されてくるパックを挿入するシステムで利用できます。

雑誌1冊分のスペースがあれば設置できるので、設置スペースが狭い家庭でも安心です。

ボトルよりも持ちやすく軽量化されているので、高齢者のいる家庭でも高感が楽に進みます。

UV-LED殺菌なので、衛生面も安心です。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) ロングタイプ-幅:300mm/奥行:340mm/
高さ:1,225mmショートタイプ-幅:300mm/奥行:340mm/
高さ:775mm
重量 ロングタイプ:18.1kg
ショートタイプ:15.1kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの容量 ロングタイプ:冷水=3.8L/温水1.8L
ショートタイプ:冷水=3.8L/温水1.3L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー クールホワイト

ショコラブラウン

クールブラック

シャイニーホワイト

パールピンク

ミルキーベージュ

第4位:フレシャス/スラット

フレシャス スラット

フレシャススラットはボトルを足元に収納できるタイプのウォーターサーバーです。

給水口は高く設定されているので、水をくむ際にかがむ必要がありません。

ワイドトレーには鍋を置くこともできるので、料理の際にも活用できます。

静音設計で作られており、夜間でも静かに稼働できます。

デザインはいたってシンプルで、白と黒の2色展開。

グッドデザイン賞やキッズデザインアワードの受賞経歴もありますので、デザイン性も高い評価を受けています。

温度機能も豊富で、料理に活用出来る高温水モードや薬を飲むときにうれしい常温水モードもあります。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) 幅:290mm / 奥行:350mm / 高さ:1,110mm
重量 24kg
ボトル交換位置 下部
ボトルの容量 冷水=1.5L / 温水=1.5L
設置サービスの有無 無し
サーバーカラー

第5位:コスモウォーター/スマートプラス

コスモウォーターのスマートプラスは、ボトル下置きタイプなので、ボトルを交換する際の負担を最小限に抑えられます。

使用されている天然水も、水のアカデミー賞・モンドセレクションの名誉ある賞を2つ受賞しています。

サーバーに関しても、デザイン性や性能が評価されグットデザイン賞を受賞しており、あらゆる面でハイスペックなウォーターサーバーです。

サポート面も「お客様サービスセンター」「マイページ」「コスモウォーター安心サービス」3つの安心サポートがあり、トラブルなどが起きても安心です。

レンタル料(月額) 0円(カラーによって有料)
サイズ(幅×奥×高さ) 30cm×34cm×114cm
重量 20㎏
ボトル交換位置 下置き
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト/ピンク/ブラック/ウッド/ライトウッド

第6位:ウォータースタンド/ナノシリーズ・ネオ

ウォータースタンドは、通常のサーバーとは異なり、水道に繋げて使用する水道直結型のウォーターサーバーです。

水道水を使用するため、面倒なボトル交換の手間を省け、ボトルを受け取る必要もなくなります。

通常のウォーターサーバーと同じように冷水・温水が使えて、もちろん常温水もしようできるため、浄水器とは全く異なります。

月額料金も定額制なので、水をどれだけ使っても使用料に関わらず料金は変わらないため、料理にきれいな水を使いたい・水の使用量が多い家庭にもおすすめ。

サーバーのサイズも床置き型と比べてコンパクトな作りなので、設置スペースを最小限に抑えられます。

レンタル料(月額) 3,850円
サイズ(幅×奥×高さ) 26cm×50.5cm×50cm
重量 18kg
ボトル交換位置
ボトルの重量
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト

第7位:ウォータースタンド/アイコン

ウォータースタンド ナノシリーズ・アイコン

ウォータースタンドのナノシリーズ・アイコンは、特にコンパクトなサイズ感で人気を集めるウォーターサーバーです。

重さも約7㎏と非常に軽量化されており、家具の移動の時も楽ちんです。

水道直結型のウォーターサーバーなので、いちいちボトルを交換する手間もありません。

冷水や温水はもちろんのこと、薬を飲むときに役立つ常温水も抽出できます。

常温水は電気代のコストカットもできるので、電気代を安く済ませたい家庭にもおすすめです。

設置時にスタッフが最適な設置場所を提案してくれるので、使いやすい設置場所や、安全な場所に設置できます。

レンタル料(月額) 4,400円
サイズ(幅×奥×高さ) W180 × D340× H385mm
重量 7.6kg
ボトル交換位置
ボトルの重量
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

第8位:クリクラ

クリクラ

クリクラは初回に発生するサーバーの設置~ボトルの装着まで全ての作業を専任のスタッフさんがおこなってくれます。

重たいウォーターサーバーを移動させたり、ボトルを設置したりする必要が無いので、高齢の方でも問題なくウォーターサーバーを利用できます。

また、クリクラは解約金が一切かからないのも特徴で、解約金に縛られずに自由度が高いので手軽に活用可能です。

通常サイズのボトルに加えて、軽量ボトルも用意されているので、足腰に問題がある方でも問題ありません!

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 30.5cm×35cm×99cm
重量 16kg
ボトル交換位置 サーバー上部
ボトルの重量 12L・5.8L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

第9位:ワンウェイウォーター/Acro

ワンウェイウォーターのAcroは、ウォーターサーバーに自動掃除ロボットン機能を搭載しており1台で2役をこなします。

自ら掃除をしなくても勝手に掃除してくれるため、日常生活の負担を軽減できます。

また、ウォーターサーバーと掃除機2つの機能が付いても、レンタル料は0円。とてもお得でコスパが良いウォーターサーバーと言えます。

レンタル料(月額) 無料
サイズ(幅×奥×高さ) 30cm×30cm×102cm
重量 16kg
ボトル交換位置 上部
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり

第10位:サントリー天然水ウォーターサーバー

誰もが一度は飲んだことのある、南アルプスの天然水が楽しめるサントリー天然水ウォーターサーバー。

ボトルの設置場所は、サーバーの下でも上でもなく、胸の高さなのが特徴です。

ボトルも差し込んでレバーを回すだけなので、力に自信のない高齢者の方でも簡単に交換できます。

また、ボトル容量7.8Lと軽量化されているため、使い勝手の面でも問題ありません。

4段階の温度調整機能も搭載しており。温水2段階・冷水2段階で調整できるため、使用用途に合わせて幅広く温度調整ができます。

レンタル料(月額) 0円
サイズ(幅×奥×高さ) 37cm×45cm×124cm
重量 26kg
ボトル交換位置 サーバーの中間
ボトルの重量 12L
設置サービスの有無 あり
サーバーカラー ホワイト・ブラック

高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際の9つのポイント

水素水は美容に効果的!効果的な使い方と飲むタイミングを紹介!

高齢者向けのウォーターサーバーを選ぶ際には、大きく9つのポイントがあります。

  • ボトル交換が簡単にできるか
  • 常温水を使えるか
  • ウォーターサーバーの設置を行ってくれるか
  • サポート体制が整っているか
  • 問い合わせ方法が分かりやすいか
  • 口座振替や代金引き換えができるか
  • 操作や設定がシンプル
  • サーバーの掃除・メンテナンスサポートはあるか
  • 水の配送と注文ノルマ

ポイントを理解していない状況で契約まで進んでしまうと、使い始めてから後悔することも。

後悔なく快適に使用できるように、選ぶ際のポイントを理解しておきましょう。

ボトル交換が簡単にできるか

まず一つ目は、ボトル交換が簡単にできるかという点。

毎回重いボトルの交換をすると身体に負担がかかり、腰を痛めてしまうおそれもあります

ボトル交換が楽なウォーターサーバーの特徴は、ボトルが軽量・ボトルが下置きの2つです。

ボトルが軽量

ウォーターサーバーで使われているボトルは、12Lが一般的で重さにすると12㎏もあるあため持ち上げて交換するのが非常に大変です。

そのため、ボトルの容量が少ない軽量ボトルを選び、なるべく簡単にボトル交換ができる様にしましょう。

特に高齢者の場合は、足腰が弱くなっているケースが多く、重たいものを持ち上げると大きなケガに繋がってしまいます。

ボトルが下置き

ウォーターサーバーはボトル取り付け口が上部についているものが一般的で、ボトルを持ち上げて交換するのが大変です。

しかし、足元部分にセットできる下置きボトルを採用しているサーバーもあります。

下置きボトルであればボトルを持ち上げて交換する必要が無く、スムーズにボトル交換ができます。

常温水を使えるか

高齢の方の中には、良く冷えた水よりも常温水の方が飲みやすいという人が多いため、常温水が使えるかチェックしておきましょう。

薬を服用する際などに、常温水を使えば胃への負担を軽減できます。

冷たい水を飲み過ぎてしまうと、体を冷やしてしまう原因にもなってしまうため、常温水が使えるウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーの設置を行ってくれるか

ウォーターサーバーは重さが20㎏前後あるため、持ち上げて移動させるのがとても大変です。

特に設置作業を自分で行わなければならない場合、玄関から設置スペース迄運ばなければなりません。

メーカーによっては、ウォーターサーバーの配送から設置まで全ておこなってくれるメーカーもあります。

申し込みする際には、なるべくサーバーの設置まで行ってくれるメーカーを選びましょう。

サポート体制が整っているか

初めてウォーターサーバーを使用する人にとって、「使い方が分からない」「故障したかも」などのトラブルが起きるケースも考えられます。

そんな時に専門のスタッフや相談できるカスタマーセンタ―、故障時に対応してくれるサポートが付いていれば安心ですよね、

万が一に備えて、トラブル時のサポート体制が整っているか確認しておきましょう。

問い合わせ方法が分かりやすいか

ウォーターサーバーに関して困ったことがあった時に、メーカーに問い合わせる方法はいくつかあります。

メールやウェブサイト、マイページから問い合わせができるメーカーは多いですが、高齢の方にとっては扱いづらく問い合わせのハードルが高くなってしまいます。

できれば電話での問い合わせができるメーカーを選んだ方が、トラブルがあった時に安心ですよ。

口座振替や代金引き換えができるか

ウォーターサーバーの料金の支払いにはクレジットカードを設定しなければいけない場合が多いです。

高齢の方の中には、そもそもクレジットカードを持っていないという方もいるでしょう。

その場合は、利用料金の支払いに口座振替や代金引換を選択できるかどうかを、あらかじめ確認しておく必要がありますよ。

操作や設定がシンプル

高齢の方が使うウォーターサーバーは、たくさんの機能がついているものよりも、シンプルで簡単に操作できるものがおすすめです。

ウォーターサーバーの中にはコーヒー機能がついていたり、炭酸水を出せる機種などがあります。

ただ、多くの機能がついた機種は操作も複雑になり、高齢の方には扱いにくくなる可能性があります。

「念のため色々できる機種を選んでおこう」と考えるのではなく「できるだけ無駄な機能が付いてないものを選ぼう」というスタンスで機種を決めるのがおすすめです。

また、シンプルな機種の方がランニングコストも抑えられていることが多いので、無駄な出費をしなくて済みますよ。

サーバーの掃除・メンテナンスサポートはあるか

ウォーターサーバーは定期的な掃除やメンテナンスが必要です。

定期的なメンテナンスサポートを提供しているメーカーもあります。

ほかにも、自動洗浄機能を備えているサーバーもあるので有効利用してください。

サーバー本体のメンテナンスは、安全で清潔な水を楽しむために必須と考えられます。

定期的な清掃と消毒をすることで、細菌やカビの発生を防ぎ、高い安全性が保てるでしょう

内部の洗浄やフィルターの交換などは、メーカーに依頼して適切なメンテナンスを行ってください。

メンテナンスをすればサーバーの性能を最大限に活かし、故障のリスクを減らせます。

水の配送と注文ノルマ

配送タイミングの調節を自分でできるウォーターサーバーもあります。

ただし、配送の回数やボトル本数は各社のサービスにより異なるので注意してください。

ウォーターサーバーの配送は、契約者の生活スタイルに合ったプランを選ぶことが大切です。

ほかにも、一部のウォーターサーバーでは、注文ノルマが決まっていることがあります。

タイミングがずれると水ボトルがたまってしまう原因になりかねません。

契約前にウォーターサーバーの注文ノルマを確認し、高齢者も使いやすいか検討しましょう。

高齢者がウォーターサーバーを使用すると様々なメリットが!

女性 指をさす オススメ

高齢者がウォーターサーバーを使用するとあらゆるメリットがあります。

  • 重たい水を買いに行く手間が省ける
  • 水を飲む習慣ができ摂取する水分量が増える
  • 脱水症状や熱中症を防げる
  • 生活の負担が少なくなる
  • 定期配送が安否確認にもなる
  • お湯を沸かさずに済む

重たい水を買いに行く手間が省ける

スーパーやコンビニで水を買うと、重たくかさばってしまうため、かなり負担になってしまいます。

しかし、ウォーターサーバーにすればボトルを配送してくれるため、わざわざ買いに行く負担を軽減できます。

買い物の際に手荷物が少なくなるため、買い的に生活できます。

水を飲む習慣ができ摂取する水分量が増える

ウォーターサーバーを使用すれば、水が自動的に配送されてくるため、自然と摂取する水分量が多くなります。

年齢を重ねるごとに体の水分調整機能が衰えてしまうため、適度な水分補給は非常に大切です。

いつでも新鮮で美味しい水を飲める環境に身を置けば、水の摂取量が多くなり。健康促進ン効果も期待できます。

脱水症状や熱中症を防げる

気温が上がる夏場は高齢者の熱中症や脱水症状が多くなり、深刻な状況に陥ってしまうケースもあります。

毎年熱中症によってかなりの高齢者が病院に搬送されているため、軽視できない大きな問題です。

熱中症を回避する方法はいくつかありますが、最も効果的な方法は、こまめな水分補給です、

ウォーターサーバ―があれば、熱中症になるリスクを回避でき、大きな事故を防ぐことができます。

大きな事故を防ぐためにも、ウォーターサーバーを活用して、水分摂取量を増やしましょう。

生活の負担が少なくなる

ウォーターサーバーがあれば、お湯を沸かす手間や冷蔵庫にペットボトルを入れておくスペースなどの削減ができます。

面倒な手間が色々と削減できるため、生活上の負担が無くなり、快適に生活ができます。

ウォーターサーバーが一台あるだけで快適に生活できるので、高齢者の暮らしを豊かにしてくれます。

安否確認にもつながる

ウォーターサーバーは毎月数回、配送員さんが自宅まで水を配送してくれます。

高齢の方だけで生活している場合、万が一のことがあった時に誰にも気づかれないというリスクもありますが、定期的に配送してくれて両親の安否確認にもつながります

お湯を沸かさずに済む

ウォーターサーバーを導入することによって、お湯を沸かさずに済むメリットもあります。

お湯を沸かすとなるとコンロを使用しなければなりませんが、中にはスイッチをつけたまま放置してしまう人もいます。

火災の原因にもなりかねませんので、火元を使わずに水を使用できるのは安全上のメリットが大きいのです。

またガスコンロが原因でやけどを負ってしまう人もいますから、けが防止にもつながります。

高齢者が1日に必要な水分摂取量

厚生労働省は、1日に摂取すべき水分量は「その必要性を性・年齢・身体活動レベル別に算定するための根拠は、未だに十分には整っていない」としています。

一方、環境省の「熱中症環境保健マニュアル2018」によると、日常生活で摂取する水分のうち、飲み物から摂取すべき量は、1日あたりおよそ1.2 Lを目安としています。

年齢や活動量、持病の有無などによっても必要な水分量は変わってきます。

そのため明確な水分量を算出することは難しいですが、日々の水分補給があまりに少なくないかを確認するための目安としてみましょう。

さらに具体的な水分量を知りたい方は、かかりつけ医などに相談してみると良いでしょう。

高齢者が安全にウォーターサーバーを使用する方法

高齢者がウォーターサーバーを使うときは、安全性を高める工夫が必要です。

トラブルや事故を防ぐために以下のポイントに注意しましょう。

  • キッチン・リビングに設置する
  • お湯と冷水がわかるように工夫する
  • 転倒しないように設置する

キッチン・リビングに設置する

ウォーターサーバーの設置場所は、日常的に使いやすいキッチンやリビングをおすすめします。

キッチンやリビングに置けば、水分補給や調理するときに余計な手間がかかりません。

移動することなく、清潔な水を利用できるでしょう。

ほかにも、台所やリビングに設置することで、家族や介護者も管理しやすくなります。

減った水の量や代理のボトル交換も楽に行えますね。

高齢者の水分補給が足りないことで起こる健康リスクを防げるでしょう。

お湯と冷水がわかるように工夫する

お湯と冷水の操作ボタンに目立つシールを貼ったり、色付きのテープで区別しましょう。

対策をすることで、間違ってお湯を出すといったサーバーの誤操作を防げます。

とくに高齢者がいる場合が、安全に使うためにも事故防止の工夫は必要です。

ウォーターサーバーの操作パネルは、冷水とお湯を明確に区別できるようにデザインされています。

しかし、高齢者は、視力が低下していたり色覚に問題があったりするので注意しましょう。

お湯と冷水がわかるように、家庭でも安全対策をしてください。

転倒しないように設置する

高齢者がいる家庭では、ウォーターサーバーに転倒防止グッズを活用しましょう。

ウォーターサーバーは、水ボトルが取り付けられている状態ではかなりの重さになります。

そのため、サーバー本体が転倒したときのトラブルや事故を予防する工夫が必要です。

安全な使用のために、ウォーターサーバーを安定した場所にしっかりと設置してください。

家具に使用する固定グッズを使えば、転倒するリスクを最小限に抑えられるでしょう。

くわえて、モーターサーバーに設置するボトルの取り扱いにも注意が必要です。

重いボトルを必要以上に積み重ねると、事故の原因になります。

ボトルは高齢者が交換するときの危険性を考えて、適切に保存してください。

高齢者向けのウォーターサーバー契約でよくあるQ&A

高齢者向けに、ウォーターサーバー契約にかかわる注意点をまとめました。

契約する前に手続きに関わることや、利用するときの注意点を確認しましょう。

ウォーターサーバーの申し込みや使い方に迷ったら、メーカーのカスタマーセンターに相談することが重要です。

高齢者も使いやすい水ボトルのサイズを把握して、サーバー本体の使い勝手が良いものを選んでください。

インターネット以外からでも契約できるか

ウォーターサーバーはほとんどのメーカーでインターネット以外からでも契約できるシステムが整っています。

カスタマーサービスへの電話連絡で契約できるウォーターサーバーもあるので、有効利用しましょう。

スマートフォンやパソコンの操作に慣れていない人も、電話で相談ができるので困りませんね。

水ボトルの注文だけでなく解約やメンテナンスで困ったときも、電話で連絡できるシステムは便利です。

本人以外が手続きすることはできるか

ウォーターサーバーは、本人による契約が原則です。

ただし、契約自体は子供が行い、ウォーターサーバーを設置する場所は親の家にするといった方法が可能です。

そのほかに、家族間なら主契約のほかに副契約を設定できるウォーターサーバーもあるので、チェックしましょう。

家族間で複数のウォーターサーバーを契約する場合、お得なプランが適用されるメーカーもあります。

高齢者の親族に安心してウォーターサーバーを使ってもらうためにも、契約について確認してください。

不明なことや質問がある場合は、ウォーターサーバーのコールセンターに相談しましょう。

高齢者がウォーターサーバーを利用するときの注意点は?

高齢者がウォーターサーバーを利用するときの注意点をまとめました。

  • 電話でサポートが受けられるウォーターサーバーを選ぶ
  • サーバー設置サービスの有無を確認する
  • 水ボトルの交換が楽にできるサーバーを選ぶ
  • 宅配業者の定期配送サービスを有効活用する
  • 休止プラン・配送スキップがあるウォーターサーバーを選ぶ
  • 操作方法が分かりやすいウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの毎月のコストのほかに電気代がかかることも考えて、いくつかのプランを検討することが重要です。

複数のウォーターサーバーメーカーを比較して、高齢者の生活に合った使いやすいサービスがあるものを選びましょう。

ウォーターサーバーを使用して快適な生活を送ろう

高齢者向けウォーターサーバーの特徴は

  • ボトル交換しやすい
  • 常温水機能を搭載している
  • 設置サービスがある

また、高齢者の家庭にウォーターサーバーを導入すれば多くのメリットがあります。

  • 水を飲む習慣ができ摂取量が多くなる
  • 熱中症対策になる
  • 生活上の負担が少なくなる

ウォーターサーバーをうまく生活に取り入れ、毎日を取り快適にするために活用してみましょう。