水を1日に4L飲むと水中毒になる?注意点と適切な摂取量を紹介

水を1日に4L飲むと水中毒になる?注意点と適切な摂取量を紹介

「健康のためには水をたくさん飲むと良いらしい」

「モデルさんとかはスタイル維持のために1日4L以上水を飲むと聞いたことがある」

「でも、水を飲みすぎると水中毒になるって話も聞いたことがある」

「健康のために正しい水の飲み方を知りたい」

こういった悩みを抱えていませんか?

水は私たちの体を作る大切な要素ですが、だからと言って過剰に摂りすぎてもかえって健康を損ないます。

間違った飲み方で多量に摂取してしまうと、水中毒を引き起こす危険性が高まります。

今回は、水中毒にならないための注意点と適切な水分摂取の方法を紹介します。

健康維持や改善のためにしっかり水を飲もうと思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

水を1日4L飲むと水中毒にはならない

結論としては「4L以上飲んだら…」という明確な線引きはありません。

水中毒を引き起こす要因は、一気に大量の水を摂取することで血液中のナトリウムイオン濃度が低下することです。

そもそも水中毒とは?

医学大辞典によると水中毒とは「希釈症候群。体内の水が他の溶質とりわけナトリウムに比して著しく増加した状態」です。

水を大量に飲んだことにより尿の処理能力が低下し、希釈性低ナトリウム血症という状態になります。

血液中のナトリウム濃度が低下して、電解質のバランスが崩れることが原因となります。

また水中毒は精神疾患を患っている人に多くみられる傾向もありますが、精神疾患を患っていない場合でも真夏の猛暑日や冬の乾燥した時期など多く水を飲む場面では注意が必要です。

水ダイエットで得られる5つの効果!水を飲むときのポイントや注意点を紹介!

水中毒の症状

血液中のナトリウムイオン濃度が低下すると、起こる症状は以下の通りです。

  • 130mEq/l=軽度の疲労感
  • 120mEq/l=頭痛、嘔吐、精神症状
  • 110mEq/l=性格変化、痙攣、昏睡
  • 100mEq/l=呼吸困難などで死亡

水中毒は軽症であればめまいや頭痛、頻尿や疲労感など水中毒以外にも起こりうる症状です。

しかし重症の場合は錯乱や意識障害を引き起こしたり、最悪の場合は死に至るケースもあり非常に危険です。

水中毒を引き起こしやすい原因

既述の通りですが、水中毒は精神疾患を患っている方によくみられる傾向にあります。

その背景として、

  • 不安・幻覚・妄想・焦燥といった精神疾患の症状から多飲傾向となる
  • 向精神薬を服用すること副作用として口が渇きやすくなる
  • 精神疾患が原因で飲み物を飲むことが習慣化しすぎると強迫観念でさらに多飲傾向となる
  • 長期にわたって精神薬を服用すると、視床下部の口渇中枢を刺激して抗利尿ホルモンの分泌が促されるので水分貯留を起こす

と言ったことが挙げられます。

また精神疾患を患っていない方でも

・過度なストレスなどによる多量な水分摂取
・ダイエット時の空腹を紛らわせる

という理由から多印象を引き起こしやすくなります。

特に「水だけで痩せる」という偏った情報に影響されて体型のコンプレックスなどを克服しようとすると焦りや緊張が続きますので注意が必要です。

水中毒の治療方法

水中毒の治療は「水分量を減らし塩分量を増やす」ことが基本とされています。

腎臓の機能が正常である場合には水分量を抑えるだけで症状はかなり回復しやすいのです。

軽症の場合には飲み物を経口補水液やスポーツドリンクに変更したり、塩飴や梅干しなどで塩分を適切に摂取したりしながら安静にすると回復へと向かいます。

しかし急激な塩分補給も危険ですので、焦らずゆっくり時間をかけて摂取するようにしましょう。

重症の場合には輸血によるナトリウム補強が必要となります。

救急車を呼んで医療機関への搬送を行う必要があります。

水中毒にならないための注意点と正しい飲み方

ここからは、水中毒にならないために注意すべきことや正しい水分補給について紹介します。

水の役割と必要性

私たちの体の大部分を構成している水。

成人であれば体重の60〜65%は水分であると言われています。体重が50kgの人であれば30kgは水分です。

体内で吸収された水分は、血液などの体液となって全身を巡ります。

  • 栄養や酸素を運ぶ
  • 老廃物を排出する
  • 発汗などにより体温を調整する
  • 新陳代謝をあげる

など体の機能を整える役割はもちろんのこと

  • 血液がサラサラになって重篤な病気の予防
  • 食欲を適切に抑制して食べ過ぎ防止
  • 細胞が活性化して美容効果が高まる

なども期待できます。

そして、私たちの体は日常生活を送ってるだけでも1日に2.5Lほどの水分が体内から排出されています。

つまり単純に考えても、1日2.5L以上の水分摂取が必要だということが言えます。

スポーツをしたり、体を動かす仕事をしたりしている人は、発汗量が増えるのでそれ以上が必要にもなります。

飲みすぎの基準

水中毒が大量の水を飲むことによって引き起こされるというのは前述しましたので、短時間で大量の水を飲むのは危険ということはお分かりいただけたと思います。

しかし、そもそも「飲み過ぎ」とは年齢や体型により個人差があります。

そちらを考慮しても1時間以内で1L以上の水を飲むのは、飲み過ぎと言えます。

こまめな水分補給を心がけ体に負担をかけすぎないように注意することが重要です。

水でむくみを解消できる!むくみを予防・改善する飲み方を解説!

水中毒による健康被害の例

アメリカで行われたとあるコンテストでは、7Lの水を飲んだ参加者が死亡したという発表がありました。

「トイレにいかずにどれだけたくさんの水が飲めるか?」という極端なケースではありますが、いずれにせよ短時間で大量の水を飲むことが危険であることには変わりはありません。

水の飲み方の例

一般的にはコップ一杯(およそ200ml)を1日に7回程度に分けて飲むと良いと言われています。

一気に飲むのではなくこまめな水分補給を行うことで、体にかける負担を抑えて適切な水分補給が行えます。

しかし、忙しい毎日に追われているといつもこまめに水分が摂れる時ばかりでもないと思います。

そこでおすすめしたいのが、別の行動とセットで水を飲むという方法です。

例えば

  • 朝起きた時
  • 食事を摂る時
  • トイレへ行った後
  • 通勤通学後
  • 入浴の前後
  • 就寝前

と言った具合に水を飲む行動と日常生活の動作をセットに方法です。

こうすることで「1日7回は水を飲むぞ」と決めて覚えておくよりも気楽に水分補給が行えます。

またそれぞれの行動の間で時間を確保できるので短時間で飲みすぎるということも防ぐことができます。

飲みすぎてしまう場合の対策

「良くないとわかっていてもついつい飲みすぎてしまう」と言った方は、ぜひうがいを試みてください。

うがいといっても、上を向いて喉をガラガラ鳴らすうがいではなく、口の中に水を含んでしばらくしたら吐き出すだけで結構です。

うがいをすることで水を口に含んで構内を冷やすことができるので、水を体内に取り込むことなく口内の渇きを潤すことができます。

また飲み物を水以外のものに変えてみるのも効果的です。

おすすめはスポーツドリンクや経口補水液など水分と一緒に塩分も適切に補給できるものがいいですね。

水は適切な量を摂取しよう

水は私たちの体をつくり、健康のためには欠かすことができないものです。

「水分不足」と聞くと体に良くなさそうと多くの方が感じると思います。

しかし、いくら必要なものだからと言っても水の飲み過ぎは禁物なため、何事も適切なバランスが大切です。

ご自身の生活に沿って適切な水分量を把握し、体に負担をかけないこまめな水分補給で健康を維持・改善していきましょう。

料金の安いウォーターサーバーで比較!ランキングで最安値のウォーターサーバーを紹介